ひょっとして

暑いですねぇ!!

まだ7月だっつうのに、あまりの暑さにもはやダウン寸前の夫に毎朝気合を入れて送り出す、できた妻のまみろうです。皆さま、いかがお過ごしかしら?

こう暑いと、ビリーズブートキャンプ実施中にも3回は水分補給が必要になってきますわね!

とはいえ、実際にはヘンなチャレンジ精神がむくむくと沸きあがってきて、つい「限界まで我慢してみよう!」などと思ってしまいがちですわ!

皆さま、熱中症にはくれぐれもお気をつけあそばせね。

さて、永遠の健康優良児のわたくしも、やはり44歳ともなりますと、日々のメンテナンスと定期的な検査が必要になってまいります。

健康診断も受けておりますが、先日、ちょっと気になることがございました。

で、念のために病院へ行ってみることに。そして生まれて初めて経験しましたわ、マンモグラフィを。

マンモグラフィとは、乳房専用のX線撮影のこと。触診では診断できない小さなしこりや、しこりになる前の石灰化した微細な乳がんの発見に効果的なんだそうで、乳がんの検査として非常にポピュラーなものです。

それでね、わたくしマンモグラフィは胸を挟んで撮るというのは聞いていましたが、まさか本当に

「ぺったんこに挟んで」

撮るとは思っていませんでしたのよ。

経験がおありの方は、今モニターの前で激しく頷いていらっしゃるかも(笑)

まみろう、齢44歳にして、こんな機械につぶらな乳を挟まれてまいりました
 
manmo.jpg
 
X線技師の方(女性)に、事前に「個人差はありますが、痛いと思います」と気の毒そうに言われたんですが、本当に痛かったです(泣)

透明なプラスチック(ポリカーボネートかしらね)板と、黒い金属っぽい板の間に、じりじりと挟まれるわたくしの乳。

挟まれて、だんだん薄~く伸ばされてって

いててててててて!!(痛)

「失礼します、痛いですよね~、はい、そのままこらえてくださいね!」

息を吐いて痛みを堪えるわたくし。ううう~、板に挟まれたわたくしの乳は、まるで“まんぼう”のよう。

ただでさえ、年齢と共に垂れ下がってきたってのに、こんなことしたら余計伸びるんじゃないの!?乳の皮が?!

などというわたくしの心の叫びとは関係なく、左右とも、上下方向と左右方向から合計4枚のX線写真を撮りました。

そもそも圧迫に弱いわたくし、この時点で皮膚は真っ赤に。あ~嫌だな~、こうなると後からミミズ腫れになるんだよね(悲)

と思っていたら、技師さんがとってもすまなそう~に

「すみません。まみろうさん(いえ、実際は名字で呼ばれましたよ)、胸の筋肉が普通の方よりちょっと発達してるみたいで、お胸のほうがよく写っていないので、もう一回・・・」

・・・も一度乳、挟むの??(涙)

というわけで、撮影やり直しをいたしました。はぁ~、痛かったわぁ~。

それにしても、こんなときでも「普通の方より胸の筋肉が発達」という言葉に大喜びのわたくし(笑)許すわ、乳の皮が少し伸びたとしても!(単純)

さて、でもこれで何でもないって分かれば安心だし。というわけで先生の診察を受けてみたらなんと、

「ガンかどうかはわからんが、何かがある」

ということに(驚)!!

えー・・・えっと、それはガンかもしれないということですか??

「可能性はありますね。まず、ガンの可能性を最初に否定したいから、細胞検査をすることにしましょう」

・・・そうですか。あの、細胞検査って何するんですか??

「乳房のね、しこりがある部分に注射針を刺して、中の細胞の一部を取って調べるんです」

乳に針~!?(ブルブル)

痛いんじゃ?!痛いんじゃないですか~?!

「いえ、麻酔に使う針と同じですから、そんなに痛くもありませんよ。といっても、痛さというのは感じ方に個人差がありますからね」

そりゃそうですよね。で、あの、ガンじゃないとしたら、このしこりって何なんでしょうか?

「それは色々可能性がありますよ。乳腺症とか、乳腺線維腺腫とかね。いずれにしても、ガンでないかどうかは、先に確認しなくちゃならない」

そうですね。

と、いうわけで後日、細胞検査を受けることになりました。

その日のうちにできることはやっておくということで、お小水をとったり、採血したり色々しましたが、初めて受けた検査がもうひとつ。

耳を切って、血が止まるまでの時間を調べるというものです。

これって、手術の前準備ってこと・・・??

わたくし、人生で手術なんてしたことがないのです。歯も抜いたことないんですよ~。入院だって、息子の出産で初めてしたのよ!なんかヤダなぁ、怖いよぅ。

と、半泣きで夫に訴えていたら、母がひと言。

「お母ちゃんはガンで子宮を取ったけど、それから20年、まだこうやって生きてる」

・・・そうだね、そうだったね!

じたばたしても仕方ないわね。とりあえず検査の日を心静かに待ち、後のことは後で考えることにしようっと。

というわけで、その夜もウエイト付でブートキャンプを実施したわたくしなのでした。ははは~、やんなっちまうなぁ、元気で!!(ヤケ)

ところでTAEBOを意外にも継続できている母。フォームなどは酷いものですが、まず続けていることを褒めてやりたいです。

ふふ、動画って面白いですね~。家には良いカメラはないのですが、もの凄く欲しくなってしまいましたわ!(聞こえてる~?おっと~!!)

今朝(7/15)の体重は55.3kg、体脂肪は24.5%でした。

来週はブートキャンプ継続65週!この身体が動く限り、運動は止めませんよ~!!頑張ります!

コメント

  1. B.B より:

    こんばんは。お久しぶりです。
    まみろうさん、がんの検査うけるんですか!?
    とっても不安ですね。わたくしも先日、ブートキャンプで熱中症になってしまい、1時間くらい強烈なめまいで動けませんでした。暑い日は気をつけましょうね。
    ご主人もお母さんも、もちろんまみろうさんも、今はブログどころではありませんね。
    次回の更新が、良い検査結果になるよう祈ってます。

  2. mocchi より:

    まみろうさん、こんばんは!
    マンモグラフィー・・・私も健康診断の再検査で受けたことがあります。
    男性の若い技師さんに透明の板の上に乳房を乗せるように言われて、乗せ方が浅かったのか、もっと深く乗せてくださいと乳房をガバッとつかまれて(ひっぱられて)、何だかすごく嫌な思いをしたことを思い出しました。
    今年もちょうど健康診断の案内が来ていました。
    億劫だし何か見つかったら怖いしで、去年はスルーしてしまったけれど、自分の体をメンテナンスする意味でも行かなきゃな~と思えてきました。
    楽しく運動できるのも健康あってのものだねですもの!
    まみろうさんが何でもないことを祈っています!

  3. まみろう より:

    >>B.Bさん、いらっしゃいませ。
     
    ご心配おかけしております(謝)でもま、大丈夫ですよきっと。もしがんがあったとしても、出たとこ勝負ってことで。ほほほ。
     
    あらら、熱中症ですか!暑いですからね~、気をつけましょうね。わたくしはだいたい夜やっておりますし、息子の汗疹対策で部屋は涼しくしてありますので、今のところ大丈夫です(笑)
     
    良い報告ができるといいと思います。ありがとうございます。
     
     
    >>mocchiさん、いらっしゃいませ。
     
    ありゃ、男の方でしたか。嫌ですよね~、わたくしは女性技師の、とっても丁寧な方にあたりましたが、それでもやっぱり「ぐわーっ」と胸をつかまれて引っ張られ、「何すんねん!」って感じでしたわよ(笑)
     
    体調も全然悪くもないし、ブートキャンプも休まずできてるし、何よりご飯が美味しい(笑)何も不安はありませんわ。きっと何でもないか、あったとしても軽いだろうと勝手に思ってます。お祈りありがとうございます!
     
     
    コメントありがとうございます。

  4. くもすけ より:

    まみろうさん、こんばんは!
    まず、マンモグラフィー検査の件ですが、大事無いことをお祈りしています。とても痛そうな検査ですね。あれって、どんな貧乳でもはさめるのでしょうか。私の胸は皮しかないんです(泣)お腹なら余裕ではさめますっ!
    ところで、お母様とぼっちゃまの動画、拝見しました。新鮮な試みですネ!お母様に、がんばって!とお伝えください。あと、まみろうさんの美声が!低音っておっしゃってたけど、そんなことないですよーー。
    ダンナ帰ってきました。エサの準備せにゃ~。それでは失礼します!

  5. のこちゃん より:

    まみろうさん!なんか大変そうですね、文章から大変さがなぜかあまり伝わってきませんが(こんな内容なのに笑わせてしまうまみろうさんって一体・・・?)心配しております。
    がんかなにかわからんものってもしや筋肉の塊だった・・・なんてことはないですよね。さすがに。
    上記くもすけさんが心配されれてますが、自他共に認める貧乳の私も挟まれたことありますので大丈夫ですよ!!!
    でもはさまれてぺったんこになった私の胸。。。思い出すだけでも哀しい。
    私は胸よりも、脇の下に食い込んだ機械の角が痛かったです。
    まみろうさんのお母様がんばっていらっしゃいますね。
    私も、引き続きがんばります。
    先日久々に、disk1をやったら、やはり長かったです。
    近頃3は楽勝になってきました!!!
    息子さんもお茶目!男の子もお人形、ああいう風にするのですね。うちは女の子二人なので、知りませんでした!
    次回、朗報お待ちしております。

  6. のあ より:

    まみろう姉さま、おひさし~でございます!!
    遅れてしまいましたが、息子さんお誕生日おめでとうございます((*´∀`))ノ 3歳といえば1番カワイイ盛りですよね~(遠い目・・)我が息子は10歳ですが・・5年生にもなると生意気になって・・。ついつい幼い頃のアルバムを見て「あぁ、この頃は可愛かったなぁ・・」と1人現実逃避しております。。(^^;)動画の息子さんもカワイイ(^^)お母様も頑張ってますね!!見習わなくちゃ・・(汗)
    あ、ちなみに私も6日で30歳になりました(笑)三十路街道突っ走りますよー!!(爆)
    ・・と言っても軽く夏バテしてまして(><)こないだ海に1日行っただけで数日ダウンしてました・・orz・・・。
    と、私の近況報告になってしまいましたが、、姉さま大丈夫ですかぁ?!マンモは本当に痛いと聞きますが、何でも早期に分かればいいですもんね!
    何もない事を祈ってマス☆

  7. ちょび より:

    こんばんは。まみろうさん。検査無事に済むといいですね。
    耳を切って血が止まるまでの時間を調べたのは、手術の検査ではないですから、安心して下さい。
    乳腺は血管が多いので、体質的に出血しやすいか、普通くらいか、調べておく必要があるんですよね。
    検査の針を刺した時に出血が多いと医療従事者としてはリスクが大きくなるからです。
    最近は念のための検査も多いですから~。
    でも年齢的にお年頃の私たちですから、気になりますね…。
    車でさえ2年に一度は車検するのに、自分のことになると、どうして及び腰になってしまうんでしょう。私、看護師の仕事長くしてますけど、反省仕切りです。

  8. chun より:

    まみろうさんのお母様発見!
    とっても頑張ってみえるんですね。素晴らしいです。私も頑張らなきゃと元気をいただきました。
    また息子さんの可愛らしいこと!!最後にコケる落ちまで可愛い♪まみろうさんの声も聞こえて、優しいママの様子が伝わってきました。
    ただ心配なのはガンの検査。私のまわりにもマンモグラフィーで異常があった人が結構いるので他人事では無い気がします。「ガン」って聞いただけでびびってしまうので、まみろうさんも不安だと思いますけど、良い結果をお祈りしています。

  9. まみろう より:

    >>くもすけさん、いらっしゃいませ。
     
    ご心配おかけしております。細胞検査の予定日は結構先なので、今のところ心静かに暮らしております(笑)
     
    >どんな貧乳でもはさめるのでしょうか
     
    このわたくしの乳が挟めたのですから、挟めますよ!いや~見事に薄く広がって、スルメのようでした(大笑)ぜひ一度、お試しを(?)
     
    ありがとうございます、母に激励を伝えますわ!動画をUPしたときは、自分の声が配信されることを考えなかったんですよねー。ほほほ。お恥ずかしい。
     
     
    >>のこちゃんさん、いらっしゃいませ。
     
    いえ、まだ大変かどうか(笑)ご心配おかけしておりますが、体調もいいし元気です。ま、大したことないですよきっと。わたくしツイてるし(根拠なし)。
     
    おっ、のこちゃんさん、腹筋Pは余裕になってきましたね?!ぜひ基本Pをモノにして、そっちも楽勝にしちゃってくださいまし!
     
    息子はほとんど電車で遊んでるんですけど、最近こういうこともしますね。保育園でもおにいちゃんぶってるみたいです(笑)
     
     
    >>のあさん、いらっしゃいませ。
     
    ありがとうございます。本当に、一瞬ですよねー、子どもが育つのは。たくさん関わって、この可愛らしい時期を楽しみたいと思っておりますわ。
     
    のあさんもお誕生日おめでとうございます!30歳!若い若い!!まだまだ何でもできますよ~!!
     
    とはいえ、無理は禁物ですね(笑)水遊びとか太陽光線は、思うより体力使いますよね!もう大丈夫なのかしら??お大事になさってくださいね。
     
     
    >>ちょびさん、いらっしゃいませ。
     
    あっ、ちょびさん看護師さんなのですね?!そうですか、あくまで検査の前準備だったのですね。安心しましたわ。もう、切るとか刺すとかに弱くて(笑)それでも若い頃よりは、度胸が据わりましたけどねー。大昔はTVや映画の出血シーンでも倒れそうになってましたから(笑)
     
    >車でさえ2年に一度は車検するのに
     
    言われてみると本当にその通りですね。大切な自分の体ですから、ちゃんと点検しなくちゃね。
     
     
    >>chunさん、いらっしゃいませ。
     
    母の姿が、皆さまの励みになれば、母本人にも励みになるというものですわ!
     
    とはいえ、動画を撮ってる時は可笑しくておかしくて(笑)
     
    身内が頑張ってるのってどうしてこう、くすぐったいというか照れくさいんでしょうかねー。自分が茶化されるのは嫌なので、茶化しはしませんが。
     
    実はわたくし、自分で胸のしこりを見つけた瞬間が一番怖かったです。「あっ、ある・・・」って(怖)でも、今じたばたしても仕方ないですからね。とりあえず検査の日を待ちますわ。
     
     
    皆さま、コメント&ご心配いただいて、ありがとうございます!

  10. 浮嶋 より:

    はじめまして
    まみろうさん、こんにちは。浮嶋ともうします。まみろうさんとほぼ同年輩です。
    いつもブートキャンプ体験談やお子様・お母様のお話やら、とても楽しく拝見しております。ケタケタ笑いながら読んでいるので、うるさいとか不気味だとか言われてます。いつもは読むばかりだったのですが、私も十数年前同じような経験をしたもので、思わず初コメントにお邪魔してしまいました。
    私の場合は治療の2~3年前に健康診断で医者に指摘されていたのですが、はっきりとした言われ方でなかったので、なんとなく放置してしまいました…。で、ある日突然自分でしこりに気付き、町医者に行きました。そこで触診・超音波検査を受け、大学病院を紹介してもらって、後はまみろうさんと同じです。マンモを受け(これが一番痛かった)、その日のうちに細胞検査の為の検体を取り(ほそーいながーい針の注射器で検体を取る。無痛)、翌週午前に結果を聞いて、午後に手術(麻酔も含めて無痛)、薬をもらって帰り翌週抜糸しました(術後もほとんど痛くありませんでした)。都合3回の通院で¥58,000-ぐらい(2割負担)だったと記憶しています。病名は乳腺腺種で、良性でした。今は良くみれば跡がわかる程度です。
    その当時の精神状態を思い起こしてみても、特に結果を怖がっていたとか心配とか不安とか、不思議となかったです。当時家人が入院中でその看病があり、また仕事上の立場も難しい(というか危機的な)状況だったので、自宅・病院・仕事場と、一日のうちにくるくる動き回って、大変ではありました。まさに内憂外患でしたが、人間いざ正念場となると肝が据わるみたいで「なお憂きことの積もれかし」な気分でしたね…。
    医者には「良性のものではあるが腫瘍が大きい(長辺が3cmぐらいある楕円状のものでした)ので、いずれ切除したほうが良いと思いますがどうしますか?」と聞かれ、手術は日帰りで事務業務なら仕事もできること、控えるのは入浴とアルコールぐらいなこと、などを確認し、検査結果を言われたその日の午後にちょうど医者に空きがあるとのことだったのでさっさと手術して帰りました。
    予期してなかったのでばばシャツ着ていていて、みられたらはずかしいなぁなんてことばかり気にしてましたね。検査結果で良性と告げられ、手術の段取りも決めて、病室を出るときに年配の看護婦さんに「よかったですね!!」と強く握手されて、初めて自分の危機的な状況を自覚しました。その時まで悪性の可能性など全く考えてなかったのです。
    それにあまりに無知で、心配するにも良くわからないのでとりあえず不安感情は棚上げ、目の前にある困難を何とかしなければ、という感じでした。無知がいいとは全く思いませんが、まぁ若かったし、予想外の事だったので…。
    その後私もいろいろ本を読んだりしました。
    ・ ただマイヨ・ジョーヌのためでなく/ランス・アームストロング
    ・ がんと私/岸本葉子
    ・ グーグーだって猫である/大島弓子
    まみろうさんは読書家のような?既にご存知かもしれませんが、上記の本はお奨めです。
    結果を待つ身はお辛いことと思います。が、同じ不安を抱えている人は貴方一人ではないです。どう転んでも一度の人生なので、前向きに日々をお過ごしになられますよう願っております。長文失礼しました。

  11. hornet より:

    まみろうさん、こんにちわ^^
    検診お疲れ様でした^^
    そっかぁ~マンモグラフィーって、
    そんなに痛いんですね( ̄▽ ̄;)
    知らなかったぁ~。
    ”挟む”ことも(笑)
    2年前まで(娘3歳まで^^;)授乳してましたが、
    その後なんのケアもしなくて
    ほったらかしです^_^;
    今年中には、私もマンモ行ってこよう!
    再検査、何事もないよう心からお祈り申し上げますm(__)m
    動画楽しく拝見させて頂きました^^
    お母さま、リズムよくキックされてていいですね~(*^ー^)ノ
    ぜひ、またアップお願いします(笑)
    ぼっちゃまも相変わらずかわいくて、癒されました~(///∇//)
    でも、せっかくピングーにかけてあげたお布団(?)を
    はいじゃったのはナゼに!?(笑)
    くもすけさん同様、まみろうさんのお声、
    魅力的でいいですよ~(*^▽^*)
    なんかトキめいてしまいましたわ!(←アブナイ)

  12. まみろう より:

    >>浮嶋さん、初めまして。
     
    いつも読んでいただいてありがとうございます。嬉しいです。
     
    詳しいお話、ありがとうございます!心強いです~。わたくしの胸にはですね、平べったい長辺が3cmくらいあるもの(同じですわね)と、8mmくらいの球形のものがあるそうです。お医者様が言うには、球形のもののほうがちょっと心配、だそうで。
     
    浮嶋さん、大変な時に発見されたのですね。わたくしは毎日呑気に暮らせております。ありがたいことです。
     
    こうして皆さまに励ましていただいて、本当に不思議と不安はありませんわ。病院の都合で、細胞検査は7/25と結構先なんですが、それまで普通にしていようと思っています。毎日、ビリーもやってますよ!
     
    「グーグーだって猫である」は読んだことがありますが、ほかの2冊は知りませんでしたわ。ありがとうございます、ぜひ読んでみたいと思います。
     
    激励をありがとうございます!
     
     
    >>honetさん、いらっしゃいませ。
     
    ねー、挟むとは聞いてましたけどそこまで伸ばすか?!って感じでしたわ!ビックリしますよ!!(笑)
     
    ふふふ、母、頑張ってるでしょう?!最初の頃と比べて、すごく足が上がるようになってるんですよ、これでも。継続は力ですわ!頑張れ母ちゃん!
     
    息子の行動は、わたくしにも意味がわかりませんの(笑)なんせほら、B型だから(含笑)
     
    若い頃は声にコンプレックスがありましてねー。女の子らしいか細い声に憧れたもんです。わたくしの声、男前さがにじみでてませんか?!トキめいてもらって嬉しいやら(笑)
     
     
    コメントありがとうございます!

  13. 浮嶋 より:

    訂正です。
    2冊目タイトル「がんから始まる」でした。どうも最近そそっかしくて…。