まみろうチャンネル
まみろうチャンネル > お洋服・ファッション > 白髪隠しのウイッグって安くなったよねって話

白髪隠しのウイッグって安くなったよねって話

前回の「盛ってる」話に関連して、ヅラのお話。

ヅラというと

「頭皮が見えるのを隠すためにかぶるもの」

ってイメージがあるかと思う。

しかし私の場合、最初に使ったのは「白髪隠し」が目的だったの。

10代から白髪が生えてたわたくしはですね、ずっと接客業で働いてた都合もあって、白髪染めをけっこう頻繁に使ってたのよ。

そして今ほど「自分の手入れ」に興味もなかったので、シャンプーとかも全然、内容を考えないで使ってたの。

そしたらさー、更年期がきたら髪が細く、薄くなってきちゃってね。そこから白髪染めを変えたり、育毛剤を使ったり。
>>過去記事:女性用育毛剤はどれが良かったか

努力のかいもあって、今は40代の後半の頃より調子よくなりましたけど、髪の調子が戻るまでには、やはりそれなりに時間がかかった。

その間、白髪を染められない時期もあったので、それをなんとかカバーしようと思って、ウイッグを買ったのがきっかけだったのよねー。

着けてみたらトップにボリュームが出て、イメージが若々しくなるので、今では「盛る」のに使ってますが(笑)

 

初めてのウイッグはアデランス系のネットショップ(残念ながら今は無い)で買いました。

トップピースという、てっぺんにのせるだけのタイプで、わりとみっしりした作りだった。

一番髪が薄かった頃・・・4年前、48歳の時ね。これがそのアタマ

お見苦しくて申し訳ない。まぁ私のブログなんで、許せ(笑)

 

で、最初に買ったヅラがこれ

 

既製品で、値段は6万円くらいだったと思います。

つむじの部分を合わせて装着する、というのが最初なかなかうまく出来なかったなー。家の中で何度か着けて、ズレてたりおかしかったりしたら家族に指摘してもらう、という作戦で、着け方を習得しました。

慣れれば装着して自分の髪と馴染ませるのに、5分もかからない

 

頭頂部と後頭部にボリュームが出るので、アタマの形も良くみえるよん。

 

この時は今より、髪の色が黒かったんだけど、2年くらいかけて少しずつ髪色を明るくしていくうちに、このウイッグと色が合わなくなっちゃったのね。

なのでこれは母に使ってもらうことにして、自分のは買い替えることに。明るい髪色であるのと共に、前のよりちょっと長めのにした。

 

これも既製品で、アートネイチャー系のショップで買いました。人毛と人工毛の混ざってるタイプで、お値段は前のやつの倍以上したけど、さすがに自然で、着けてても全く分かりません。

 

気づかれないどころか、自分で着けてるの忘れてお風呂に入っちゃったりする(笑)

数十万円するようなフルウィッグだと、つけたままシャンプーできるものもあるみたいだけど、さすがにそこまでは出来ないね~。

お手入れ品も特殊な静電ブラシを使う。千円くらいです。

 

1年間くらい、買ったショップに持って行くとシャンプーして形を整えてくれました。サービス期間が過ぎても料金(2千円くらい)を払えばやってもらえますよん。

つむじや白髪を隠せるだけでなく、トップが高くなるから全体のバランスが良くなって、いい感じに盛れます。重宝です(嬉)

 

今ではもっぱら、白髪隠しより 盛り目的で使ってるウイッグですが、当初白髪(と薄毛)を隠すために買った時は、値段が高いんで、なかなか購入に踏み切れなかったのよね。使った事ないから、本当に活用できるかどうか分からないし。

なので、昨年 小林製薬さんから髪ふっくらウイッグ「ヘアラ」が出た時はちょっと感動した。だって5千円だよ?!

面白いから買ってみた(笑)

 

人工毛で異様にツヤツヤしてる感は否めないけど、白髪隠し目的なら、ふだん使いには充分使えそう。

 

3色あるのもなかなかポイント高い。髪色を表現するのにちょっと工夫があって、一色だけで出来てないのね。暗い色明るい色が混ざってて、全体的な色を表現してるので自然に見える。ドライヤーや普通のシャンプーで手入れ出来るのも便利。

これが当時あったら、迷いなく買ってたね。なんでも安く出てくるもんだなぁ。ヘアラはドラッグストアや大手スーパーの、白髪染めのコーナーで販売されてますよん。

 

ところで白髪隠しには使えると思えるヘアラだけど、イメージアップをもくろんでの使用にはちょっと物足りないかな、と思う。というのも、完全な人工毛には不自然なツヤがあるので、自分の髪と完璧に馴染ませるのは難しいのね。

値段は人工毛の方が絶対安いし、手入れもラク。だけど若い子でなくおばちゃんが装うのに使うなら、やっぱり人毛も使ったものの方が、盛りがバレにくくていいんじゃないか、と思ってます。

いい大人がズルするんだから、そこは多少のお金は使わないとね(笑)

  カテゴリー:お洋服・ファッション  



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

このページの先頭へ戻る