まみろうチャンネル

2016年5月14日に初日を迎えた、ミュージカル「ブラックメリーポピンズ」2016年版を観ています。

私の愛する小西遼生さんをはじめ、5人の出演者のうち、4人が初演に引き続き出演されるこの作品。

今回はヒロイン・アンナ役をしょこたんこと中川翔子さんが演じる。

しかも彼女は今作が初舞台。というわけで、かなり話題にもなっており、幕が開くのを待ち構えておりました。

帝国劇場で上演されていた、1789 ~バスティーユの恋人たち~ を観てきました。

とても帝劇的で華やか。そしてダイナミックな演目でした。いやー目の保養になったわ(笑)

シアターコクーンで上演されていた、舞台「アルカディア」を観てきました。

これもね~、チケットが取れなくてね~(困)

英国演劇界を代表する作家トム・ストッパードの、最高傑作と呼び声が高いという作品の上に、出演者が超豪華。

六本木にある俳優座劇場で上演されていた、「九条丸家の殺人事件」を観てきました。

これ、「崩壊シリーズ」と名前がついておりまして、何が崩壊するんだろうかと思いながら観に行ったんですけど・・・

予想以上に色んなことが崩壊していくんで笑ってしまった(笑)

シアタークリエで上演されていた、ミュージカル「エドウィン・ドルードの謎」を観てきました。

主演がミュージカル界の帝王、山口祐一郎さま。演出が福田雄一監督と聞けば、観に行かねばなるまいと。

あらすじというか、お話もちょっと予想がつかない感じだったんで、楽しみにして行きましたよ~。

中谷美紀さん主演の舞台「猟銃」を観てきました。

2011年、美紀さんの初舞台だったこの作品、今回は再演。

絶対に観たい!と思ってました~、そして観て良かった!としみじみ思いましたわ!

シルヴィア・グラブさんと川平慈英さんの「ショーガール」を観てきました。

これは元々、1974年から1988年にかけて、木の実ナナさんと細川俊之さんがパルコ劇場で上演されていた「大人の時間の大人のショー」だったんだって。

それを、三谷幸喜さんが新しく構成・演出されたんだそうです。

今年(2016年)の上演はアンコール上演。私は今回、初めて観ましたよん。

観てからけっっこう時間が経ちましたけど、ミュージカル「さよならソルシエ」を観てきました。

2016年3月17日から3月21日で8公演と短い公演でしたが、この演目で

「2.5次元ミュージカル悪くないじゃん」

と思えた。そんな舞台でしたよ~

深津絵里さんと中村七之助さん主演の舞台「ETERNAL CHIKAMATSU(エターナル・チカマツ)」を観てきました。

いやぁここんとこ、本当に上質だ!と感じる芝居を観ることが多くて、幸せだわーとしみじみ。

興味を惹かれたら触れてみる、を信条にしておりますが、この戦略 間違ってないわねと再確認。にやり。

ビリーズブートキャンプで減量して以来、標準体重付近をウロウロしております。

いや、付近をウロウロはちょっと前までだな。今は持続的に、ちょい超えた状態ですね。

ほんのちょっと、2kgくらい落とせばいいんだけど、50代に入ったらそれが全く落とせなくなりました。

歳と共に代謝って落ちるわね~(嘆息

大竹しのぶさん主演、栗山民也さん演出の「ピアフ」を観てきました。

2016年版は再々演だそうですが、私は今回が初めて。

まぁ泣くだろうなと思ってたけど、劇場を出てからも涙が止まらず、街角で泣いてるイタイおばちゃんになってしまった(笑)

前回の「盛ってる」話に関連して、ヅラのお話。

ヅラというと

「頭皮が見えるのを隠すためにかぶるもの」

ってイメージがあるかと思う。

しかし私の場合、最初に使ったのは「白髪隠し」が目的だったの。

春が来れば52歳になっちゃう まみろうです。

もう、生まれて半世紀以上も経つとはねぇ。10代の頃には

「50代の人たちって、くたびれ果ててやっとの思いで生きてるんだろうな」

などとぼんやり思ってましたが、思い返せば10代-20代の頃の私の方が、やっとの思いで生きてたっつーね。

お芝居「七つの秘密」を観てきました。

演出家G2さんと、多才人 松尾”キッチュ”貴史さんのユニットAGAPE store の公演ってことで、楽しみに行ってきましたよん。

劇場は紀伊国屋ホールでした。

美容液が大好きです。

冒頭の写真はここんとこハマってるクラランスのリップオイル。唇用美容液ですな。

お友だちも使ってて、「なかなか調子いいよ~」と聞いておりました。

 

ずっと欲しかったんだけど、行きつけのお店ではいつも「入荷待ちでして・・・」と言われていたお品。

このページの先頭へ戻る