ミュージカル「ジョセフ・アンド・アメージング・テクニカラー・ドリーム・コート」を観てきました

2020年に上演予定だったジョセフアンド長いよコート(以下ジョリームコート)、今年2022に晴れて上演されております!

この記事を投稿するころには名古屋公演中かな。

いやもうこれ、本当に楽しくてさ~!今すぐ新幹線に飛び乗って名古屋へ行きたい気持ちを抑えつつ書いてます。うえーん。

あらすじ

カナンに住むジェイコブには12人の息子がいた。その中のひとり、ジョセフは特別に愛されており、ほかの兄弟の妬みをかっていた。あるとき、ジェイコブがジョセフだけに美しいコートを与えたことが引き金になり、ジョセフは兄弟たちの手でキャラバンに奴隷として売られてしまう。
エジプトでまた売られたジョセフは、献身的な働きで認められるが、主人の妻に誘惑されたのを誤解され投獄されてしまう。
絶望の淵にいたジョセフだが、能力を活かして囚人たちが見た夢の解説をすると、同じように悩まされていたファラオの夢を読み解いたことから宰相へと取り立てられた。
一方、ジョセフが居なくなったカナンでは、家族たちが飢え困り果てていた。豊かだというエジプトに助けを求める兄弟たちだが、ジョセフに会っても気づかない。
そこでジョセフは兄弟たちに罠をしかけた───

 

これね、なんせ不思議な演目なんですけど、まずタイトルが「アメージングテクニカラードリームコート」なのに、コートはきっかけなだけで、アメージングでもドリームでもないのがフシギ(笑)

ジョセフが苦難に遭うたびコートがアメージングなチカラで助けてくれる!とか、打ちひしがれたジョセフはテクニカラーなコートを見るたび勇気をもらえた!とか

そういうの一ッッ切ない。このタイトルからして、「こまけぇこたぁいいから!」っていうダイナミズムを感じますわ!

いやひょっとして元の旧約聖書ではもっと意味の深いものなのかしら?詳しい方がいらしたら教えてくださいまし。

ジェイコブ(ヤコブ)・ジョセフ(ヨセフ)時代のお話の、わかりやすい解説はコチラ

物語としての旧約聖書⑥ヤコブとその子ら

 

このエピソードから教わることは何か、っていうのも、あちこちで読んだりしたんですけどね。どれもわかるような納得いかないような感じでw

偏愛は慢心や嫉妬を呼ぶ、とかさ。困難に遭っても誠実であれば道は開かれる、とかさ。赦すことの大切さとか、そういうのはわかる。

でも中には「豊かな時には無駄にしないで蓄えておくべき」とかいうのもあって、ちょっと面白かった(笑

 

あとね、これ元が旧約聖書のエピソードってことで、なんとなく「見る人は話の展開・構成がわかってる」のが前提で作られてるって気がします。

たとえば桃太郎をテーマにミュージカルを作ったら、日本人のほとんどは展開が急でも不思議に感じないんじゃないかと思うんですよね。

桃から男の子が生まれても、サルやキジや犬が家来になっても、話がそう進むと知ってるから。

そんな感じで、「誰もが知ってるあのお話を、ポップに楽しくミュージカルにしました」って感じなのかなって思いましたよん。

 

そういえば昔読んだ吉村作治先生の著作に、古代エジプトでは出身地や身分に関係なく有能なものは重用された、っていうのがありました。

そう聞くと合理的だなって思うけど、一方では精神世界も重くみられていたので、夢の読み解きもちゃんと職業として成立していたとか。

現代の感覚でみるとバランスがいいんだか悪いんだかって感じで面白いよね。

ジョセフもその例にもれず重用されたってことね!

 

2020年の公演が発表されたとき、どんな話だろと思ってDVDを買ったんですよ。

そしたらま~曲がどれもキャッチーで楽しいし、ナレーター役のマリア・フリードマンさん(ローレンス・オリビエ賞を何度も獲ってる女優さん)の歌声がものすごい!!

なので日本版舞台を観た今でも、たまに流してます。すっごい楽しいよ!

https://amzn.to/3OWoqYV ←509円で配信版が買えます

 

ジョリームコートはいわゆるソングスルー形式で、セリフがほぼ歌。なので聴き取れないと大変なんですけど、初日に観たとき私の愛する小西遼生さん演じるファラオの歌が、全然聴き取れなかった(汗

先にDVDで作品を観ていたので、どんな内容を言ってるかは知ってたし、遼生さんの歌声は耳にタコできるほど聞いてて慣れてるのに聴き取れなかったというね。

初日は歌い方や歌詞というより、音響の具合だったように思う。実際、どんどん聴き取りやすくなってたし。

歌詞は権利問題があるのでそのまま書くのはためらわれますが、聴き取りにくい原因のひとつに英語がちょいちょい挟まれてる(しかも文法としては正しくない)のもあるかなーと思う。

♪あんなガリガリはIhad never never seen

とかね(そう言ってると思うのよ

2回続けて歌ってくれるので、じっくり聴きましょうw

(追記:小西遼生さんのInstagramで歌詞を教えてくれてます!見てみてね~)

 

遼生さんファラオは期待以上にギンギラギンに華やかセクシーで大満足でございます♡

エレキギター抱えたお姿が神々しい・・・ご自身のライブでもぜひ見せてほしい・・・と、つい思っちゃうわ!期待しとくね!!

ファラオはジョセフに人気を奪われても八つ当たりしないのがイイよね。兄弟たちやポティファーとは違う。さすが王者(笑

日本版舞台のナレーターは私の大好きなシルビアグラブさんと平野綾さんで、どちらも素敵でした~

わたくしビアさんの濡れたような声が死ぬほど好きでして。出ずっぱりかつ要所要所で歌いまくるビアさんを観るだけでもチケット代の半分は元が取れたね。

綾さんはご本人のアニメっぽさや動き、変幻自在なお声が作品にマッチしてて好き!あのパワフルさ凄いよね~

 

主演の薮宏太さんは音程も怪しくないし声量もあるんですけど、ピッチが平坦?どんな曲調でも同じ感情に聞こえるのが最初はちょっとね。

1幕ラストのバラードが一番ステキに感じたので、ある意味正解なのかもしれないが。

公演期間後半に行くにつれ、だんだんノッてきたな~と感じるところが増えました。大阪も楽しみよん。

あととんでもなくスタイルがイイ。遼生ファンなのでちょっとやそっとのスタイルじゃ驚かないけどマジ驚いた。

ナイルの筆頭株主・とにかく金持ちのポティファーと、不運なパン職人の小浦一優さんも声がイイ~キレのある動きもイイ!

そしてあちこちに小ワザを仕込んでいるので油断できない(白目むいたり)w

パン職人のエプロンが欲しい~かわいい~

ジョセフのパパ・ジェイコブの村井國夫さんもあいかわらずの美声。お元気そうでよかったです。女性に弱いのがすごくしっくりくるよね(笑)

ジェイコブの衣装もとても素敵なんですよ・・・サンドベージュのどっしりした衣装で、いかにも「一族の長」といった感じ。

ラストのギランギランも素敵だけどね!w

 

さーそして兄弟たちですが・・・

最初さ、キャストを観たときになんて贅沢なの!?こんなに芸達者そろえてどうすんの??本編80分くらいなのに?!って思ったのよ。
※映画版の本編は81分しかないのです

しかしいざ開幕したら、生半可なキャストじゃできないじゃんこれってなった。納得。

 

まず原田優一さんだよね・・・観るたびに心がざわついちゃって!

(あ、私しょっぱな人物紹介的なナレーターのお歌で「♪ルベンは長男いちばん年上~」のとこ、東京千穐楽まで「♪ルベンは長男一番星~」だと思ってました ←)

見せ場の「あの頃のカナン」の歌唱や動きはもちろんのこと、ファラオ宮殿のバステトのメス猫っぷりときたらw

正座して首飾りとか三つ編みをちょいちょいって直してるしぐさが、完全に女子で笑っちゃう!

ファラオのファンサ(?)「イェ~イ」コール&レスポンスの時も格別の返しをするんで期待しちゃうわw

中山昇さんのシメオン、ジョセフを売り飛ばした後に「ジョセフはヤギと闘って死んだ」ってジェイコブパパに嘘つく歌を歌うんですがそれがなぜか訛ってるw

曲がカントリーだからなの?w

「アディオース、カウボーイ」ってあんたら牛飼っとらんやんけ!!とツッコんでるのはわたしだけではないはず。

ひょうたんヘッドの執事として小浦さんのパン職人とハモるとこ、美しくて大好き!

リーヴァイの東山光明さんはダンスがすっごい素敵だし、牢獄でジョセフに♪まだやれるさ~って歌うのも印象的。

そしていつもサボテンに刺されてるw

ジュダの日野真一郎さんはなんといっても「ベンジャミン・カリプソ」の「velvet voice(byファラオさま)」!!出だしの巻き舌でもうやられるw

あと「ベンジャミンはイイやつ」のジェスチャーがちょっとやんちゃで好き。

ダンの西田健二さんは「イントゥ・ザ・ウッズ」でも拝見しましたけど、身体能力すごいですよね!もうひとりのバステトさん。

ナフタリの大山真志さん、ちょっとだけあるソロで美声が聴けるのが嬉しい~飢えてエジプトに行ったとこで、いつも小浦さんにお腹まさぐられてたw

あとね~、イッサカルの章平さんですけど、私これまでシリアスな演目でしか観たことなくて。今回踊りまくってるしビキニ着てるしでかなり印象が変わったw

 

とにかくおひとりおひとりに見せ場があって、本当に芸達者ぞろいで贅沢な演目ですわ!

2020年に上演が発表されたとき、制作チームのどなたかが「生オケでやらない」ってつぶやいてらしたと思ったんですが、私の勘違いだったのかちゃんと生オケでしたね。

チケット代高いなーと思ったけどこんだけ贅沢だと納得です。衣装も素敵よ!

開幕前は、映像版が81分ってことで「休憩なし通しでやるのかな~」と思ってたの。

そんで初日に1幕が45分と聞いて「いや通してやれよw」って思いましたけど、これ休憩なしでやったら役者さん壊れるね、ごめんなさい!

早替えは多いわ場面転換も多いわ歌いっぱなしだわで、観てる方は楽しいけどホント大変ですよね。お体に気を付けて、大阪の第千穐楽まで走り切ってくださいまし!

あー-大阪待ち遠しい~

***** 追記 *****

大阪行ってきました~楽しかった・・・ぜひぜひ再演してほしいです!!

コメント