ミュージカル「キンキーブーツ」を観てきました

小池徹平くん三浦春馬くん主演のミュージカル、キンキーブーツを観てきました。

いやー楽しかった。他にもう、何も言うことない。

ハイおしまい。

そんなだったらブログ記事にするなって話よね(笑)

いやー、本当に!ものすごく!!良かったわ~!!

こんなにポジティブで心の躍るミュージカルは久しぶりだったのではないか。観た後、すぐに息子にも観て欲しくなって、凱旋公演のチケットを取ったというね(笑)

作品の根幹にある、「人を見かけや偏見で判断せず、そのままを受け入れよう」っていうメッセージは、思春期の子にはすごく大事なことだと感じて。

楽しんでくれるといいなぁ。

さてさてあらすじですが、まだ公演中なので別枠にしておきますよん。お話を知りたくない方はご注意くださいまし。

 

↓↓↓↓↓ ここから ↓↓↓↓↓

イギリスの片田舎、ノーサンプトンの靴工場「プライス&サン(プライス氏とその息子)」の4代目、チャーリー・プライス(小池徹平くん)は、父親の望みである跡継ぎの道を選ばず、婚約者の二コラ(玉置成実さん)とロンドンで暮らすことにする。

引っ越したその日、父が急死した知らせを受け、急きょ実家の靴工場を継ぐことになってしまう。

継いだ工場が実は経営難であり、長年勤めてくれた従業員を解雇しなければならない事を知ったチャーリーは思い悩むが、他に方法もない。苦悩しながらも、解雇通告をひとりひとりに告げるしかなかった。

 

工場の従業員のひとり、ローレン(ソニンさん)に解雇通告をすると、彼女は「新しく、ニッチな市場を探すべきではないか」と言う。そうは言ってもすぐに思いつくものでもない。

在庫整理のためにまたロンドンへ向かったチャーリーは、そこでフーリガンに絡まれていた大柄な女性を救おうとする。が、それはブルー・エンジェルクラブのスター、ドラァグ・クイーンのローラ(三浦春馬さん)だった。

彼女と話すうちに、新しくニッチな市場である「女装趣味の男性のためのセクシーなブーツ」を作ることを思いついたチャーリーは、ローラを自分の靴工場の専属デザイナーになってくれと頼む。

工場はローラの生み出す斬新なデザインのブーツを作ることに決めたが、男性従業員はローラを受け入れない。特に偏見の強いドン(勝矢さん)は、あからさまにローラを侮辱し、屈辱的な扱いをするのだった。

いったんは周囲に馴染もうと、男性の格好をしてみるローラだが、やはりしっくりこない。チャーリーと話し合ううちに、ボクサーの父に鍛えられながら、期待に応えなかった自分を、心のどこかで責め続けていると告白するローラ。

工場を継がず、ガールフレンドの望み通りロンドンで暮らそうとしていたチャーリーも、自分と同じだと話す。友情の深まったふたりだが、工場の再起の道へはまだまだ、遠いのだった。

 

そしてついに、第1号の「キンキーブーツ」が完成する。その頃には女性の従業員たちをはじめ、工場長のジョージ(ひのあらたさん)の信頼も得ていたローラは、もはやドラァグ・クイーンの扮装のまま、仕事をしていた。

それが気に入らないドンとの確執が頂点に達し、ふたりはボクシングで決着をつけることになる。ドンはローラが、かつてプロボクサーの訓練を受けていたことを知らなかった。しかし、ローラはドンに勝ちを譲る。

ドンも愚かではなく、そのことに気付いていた。「なぜ勝たせてくれたのか」と問うドンに、ローラは「あるがままの他人を受け入れてみて」とアドバイスする。

 

そうして従業員たちと絆を深めたローラとは対照的に、チャーリーは品評会へ出品するプレッシャーから、従業員に厳しくあたり、ローラにも理不尽な言葉をぶつけてしまう。怒ったローラと従業員は、ほとんどが工場を去ってしまった。

再びピンチに陥ったチャーリーだが、彼の元に残ってくれたローレンとジョージと共に、ミラノの品評会へ乗り込んだ。モデルもメイクもいないので、彼自身がキンキーブーツを穿くしかない。

しかし15センチのハイヒールを穿いて、まっすぐ立てもしないチャーリーに、会場は呆れかえるばかり・・・と思ったその時、ローラとエンジェルたちが現れる。ショーは大成功を収めるのだった。

↑↑↑↑↑ ここまで ↑↑↑↑↑

 

ベタといえばベタなんだけど、まースカッとすることね!!

 

開幕前から春馬くんの見事なドラァグ・クイーン姿がだいぶ話題になってましたが、本当に見事すぎてビックリ。姿もだけど、存在がね。「華がある」っていうのはこういうのを言うんだなぁ!!って思ったよ。

そしてキレイな女性とは決定的に違う、男性ならではのパワーがあふれてて、登場した瞬間に劇場中大拍手。楽しい(笑)

春馬くんは芝居も歌もダンスもうまいのは知ってましたが、それにしても物凄い仕上がり。もう、観られて本当に良かったと思った~!

この役が違う人だったら、ここまで成功しなかったんじゃなかろうかとさえ思ったね。

そしてチャーリー役の撤平くんは、生真面目で常識的な男の子がピッタリ。婚約者の二コラにも、大事なことがちゃんと言えない姿は、今どきの優しい男の子って感じだった。

歌も良かったなぁ、デスノートや1789の時より、声と曲調がしっくり馴染んだ感じで。

そしてソニンが可愛いです(笑)とにかく可愛い。テンション高い女の子がめっちゃハマってて楽しくてたまらない。大好きだ!

 

そうありたい自分でいる、ってなかなか、難しいよね実は。

「時々まちがっても、見失わないで戻って行ければいいんじゃない?」

って言われてるような気がした。まっすぐなテーマが、ストレートに刺さってくるのですごく素直な気持ちになれました。

差別や偏見を捨てて、人を受け入れるって、自然と出来る人にはなんてことないのに、出来ない人には本当に苦痛。そういう私にも、思わぬ偏見があると気づくことがあって、自分でビックリすることあるし。

個人的には区別と差別は違うと思ってて、差別はしてないと思ってるんだけどね。でも、外からみたらどうなのか分からない。出来るだけフラットに、そのひとそのものを見る目を養いたいと思うわ。

 

チャーリーのプレッシャーもわかるし、工場の皆やローラの気持ちも分かる。そんな切ない事件の後に、すべてをオープンでハイテンションにする幸せなエンディングがやってくる。

うまいなぁ!と感じるし、すっごくハッピーになれた。

偏見の代表選手だったドンが、エンディングで「自分が変われば世界も変わる」って歌う。それがすとーんと胸にきて、気持ちを底上げしてくれる。

本当に楽しくて幸せで、観て良かった!と思える作品でした。

夏休みが終わる頃、今度は東急シアターオーブで開催される凱旋公演に、息子と行くのが楽しみ。

演者の皆さんは肉体的な負担も大きい演目だと思うけど、最後までケガなどなさらず演じ切って欲しいです。頑張って~!

 

サントラがサイコーにアガるので、超オススメ(ブロードウェイ版)

コメント