まみろうチャンネル
まみろうチャンネル > 映画・観劇 > 舞台「南太平洋」を観てきました

舞台「南太平洋」を観てきました

藤原紀香さん・別所哲也さん主演のミュージカル「南太平洋」を観てきました。

映画演劇文化協会というところの、「ハロー・ミュージカル!プロジェクト」の一環として上演されるミュージカルで、全国各地で公演されます。

私はプレビュー公演にあたる、北千住のシアター1010での公演を観に行きましたよん。

シアター1010までは私の家から30分くらい。近いのも嬉しかった~

 

「ハロー・ミュージカル!プロジェクト」というのは、公式ページによりますと

・地方を巡演するミュージカル公演
・ミュージカルを身近に体験できる地方開催のワークショップ
・全国的に募集するミュージカル俳優育成事業

の3つを合わせて運営する総合プロジェクト、だそうです。
>>ハロー・ミュージカル!プロジェクト公式ページはコチラ

素晴らしい取り組みによって4千円というお値段で、役者さんが目の前で演技し歌うところを観ることができる。

本当にありがたいことです。しかも私、劇場の会員になっているので、そこからさらに割引が受けられ3600円で観られたっていうね。

ありがとう、ありがとう!!(感涙)

 

さてさてそれで南太平洋。むかーーーーし、ド田舎の名画座で観たことがあります。私が10代の頃に「懐かしの名画」としてかかっていた、ってだけで、相当古い話だというのは予想がおつきでしょう。

映画は1950年代後半に作られたそうで、さすがの私も生まれてないわ(笑)

でも「バリ・ハイ」とか「魅惑の宵」とか、メロディーを聞いたら「あら知ってる」と思う方は多いんじゃないかと思いますね~。私もずっと忘れてたけど、お芝居観てて「ああ!」って思ったわ。

ストーリーはね、正直なんてことない。クラシックなドラマだな~と感じるあらすじで、難しいことはあまり考えずに観てられます。

 

南太平洋の島にある海軍の基地に派遣された看護婦のネリー(藤原紀香さん)と、大農場主のエミール(別所哲也さん)の恋を中心にお話がすすむ。

ネリーとエミールは将校クラブのパーティで知り合って、お互いに強く惹かれあう。エミールに求婚されたネリーは、ふたりの共通点の少なさに不安を感じつつも、承諾しようとしてた。でも打ち明けられた過去に動揺しちゃって、一時は去ろうとするのね。

ネリーに拒絶されたと思ったエミールは、海軍基地に協力を要請されていた偵察作戦に加わることにして、敵地への潜入へ。一緒に行ったのは作戦のために派遣されてきた海兵隊員のケーブル中尉(藤田玲さん・渡辺大輔さん)。

ケーブルはケーブルで島の娘リアット(中根百合香さん・田中祥恵さん)と恋に落ちてて、でもリアットがポリネシア人であることに引っかかって結婚は出来ないと言ってしまう。

一時はリアットとの恋に溺れて任務を忘れた?と思われたケーブルだったけど、やっぱり恋を失ったことでエミールと共に敵地へ。

偵察作戦は成功したケーブルとエミールだが、はたして敵地から無事に戻ってこれるのか。そしてネリーは本当にエミールから去ってしまうのか─────

 

100%ハッピーエンドではないラストがまた、余韻を残すお話。底抜けに明るいかと思えば反戦や偏見、自由や平等の難しさについてチクリとくる場面も。

でも、基本的には「歌とダンスを楽しんでね!」という構成で、気が重くなったりせず楽しめました。

本当に歌もダンスも素敵で、特に女性のアンサンブルの皆さんが!!すっごい大活躍でうっとり観てきましたとも。

紀香さん演じるヒロイン・ネリーは底抜けに明るくて「天真爛漫」って言葉がピッタリ。そしてとにかく!キレイ!!!

「職業は美女です」

ってくらいのキレイさで、役柄と相まって可愛いカワイイ。ずーっと薄笑いして観ちゃったわ~。

お歌の迫力は私にはちょっと物足りないけど、場面によって衣装をどんどん変えて歌い踊るお姿を観るだけで、

「チケット代本当にいいんですか?!他にご祝儀とかお渡しした方が・・・?!」

と聞きたくなります。ホントありがたや(合掌)

舞台写真はいろんな舞台情報サイトさんに載ってるんだけど、Astageさんには紀香さんの衣装がほとんど載ってた。
>>Astageさんの舞台稽古レポ記事はコチラ

美脚と胸の谷間でお腹いっぱいになります(笑)

 

紀香さんだけでなく、女性陣はほとんどが早替えして出てくるし、ダイナミックなダンスを見せてくれるしで楽しかった~。

お歌はもう、別所さんと島の女・メリー役の ちあきしん さんが圧巻。なんていい声なのかしら~ほんと聴いてて気持ちがいいの。特にちあきしんさんが歌うバリ・ハイはずーっと聴いていたい心地よさでしたよん。

私が観に行った回はケーブル・リアットが藤田玲くんと中根百合香さんだったんだけど、玲くんが登場した時、あまりの綺麗さに客席が息をのんだのが分かった(笑)

玲くんのお歌は聴いたことはあるけど、ミュージカル歌唱は初めて聴いた。今まで聴いたことがある歌い方と全然違ってて、変な言い方だけどプロなんだな~と思いましたわ。

お話が終わり、最後のカーテンコールまでずーっとエンターティメント。楽しみました!

パンフレットも販売品はなく、入場したらもらえたの

ミュージカル南太平洋は2015年8月13日まで、全国各地で公演です。ほぼ1日だけの公演が多いけど、全国一律4千円で興行するそうですから、普段ミュージカルを観ないって人もぜひ。

楽しいですよん

  カテゴリー:映画・観劇  



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このページの先頭へ戻る