やっと髪が明るくなってきた話

私は20代後半から白髪を染めてるんですが、ここ数年はドラッグストアとかで売ってる白髪染めでなく、ヘアカラートリートメントを使っています。

接客業に従事してた間は、3週間に1度くらいの頻度で白髪を染めてたんですけど、その時は一般的な白髪染めを使ってたのね。

そしたら、髪も地肌もボロボロになってしまい、見るも無残な状態だったんですよ。

それで、従姉に「髪が傷まなくなるよー」と教えてもらったヘナを使うようになりました。

ヘナを使うようになってからは、地肌をふさがれるような不快感もなく、経皮毒の心配もせずに染められて、だんだん髪も元気を取り戻してきて、喜んでたんですよ。

しかし、人とは贅沢なもの。今度は「もっと手軽に刺激のない白髪染めはないものか」と探すようになって、今では白髪用トリートメントを日常的に使っているというわけです。

ちなみに、私が以前よく使っていたヘナは、美容室専売品で、ほんのちょっとだけジアミンが入っています。だから黒褐色に染まるんだけど、面倒なのよね。

そのへんの詳しい話は、こちらの記事に書いたのでよかったら読んでくださいまし。
>>ヘナで黒く白髪を染めると、明るく出来ないって話

でね、上の記事でも書いたんだけど、ヘナで染めてる間、髪の色がずっと真っ黒だったのね。で、飽きちゃったんで明るくしたかったんだけど・・・

8か月くらい頑張ったところで、ヘナの配合を間違えて真っ黒に戻してしまったのよ・・・(涙)

白髪染めトリートメントって同じダークブラウンって書いてあっても、メーカーによって発色が違うから、どうしてもまだらな感じになってくるのよね。

地毛の黒い毛も、少しだけど残ってるし。

で、そのまだら状態がひどかったんで、一度均等に近くしようと明るいブラウンのヘナを使ったのがいけなかったのねー。

明るいブラウンにするための配合を間違えちゃって、真っ黒にしちゃった。

ヘナで黒く染めたから、また明るく染まらない(哀)

そんなこんなで挫折しそうにもなりましたが、現在はやっと全体が明るくなってきました。

今はピンクがすごく強いから、もう少し抑えた色味のトリートメントで染めようと思っているところでございます。

髪のてっぺんも薄くなってきちゃったし、いつまでも染めていないでヅラでも被りたいんですけどねぇ。

コメント