空想改革LIVEへ行ってきました

2019年8月24・25日に東京・恵比寿ガーデンルームで行われた

小西遼生さんのLIVE「空想改革」へ行ってきました

空想改革って不思議なコトバよね(笑)

遼生さんの弾き語りLIVE「原音」で初めて聴いた曲のタイトルでもある

原音vol.2へ行ってきました
俳優・小西遼生さんのFC限定ライブ「原音」とバンドライブ「QUATETTO」に行ってきました~素敵な曲をたくさん聴けてもう、楽しかった!

コトバの響きそのままのフシギな感覚の曲で大好き♪

出来た曲が気に入ってLIVEのタイトルにしたというより

そういう感覚になるLIVEを企画し、それに合わせて曲を作ったのかなって感じです。
※勝手な想像ですよん

弾き語りとはまた味の違う、ホールでのバンドライブでした

原音とは違って大きめのホールで行われるLIVE。

昨年に続き今年もその両方を楽しめたのが嬉しい~!

恵比寿ガーデンルームでのLIVEも2度目ですね。

 

椅子はあるけど、ほぼスタンディングで進みます!

以前は、遼生さんはしっとりした曲を作るひと、と勝手に思ってたのよね。

なもんで、去年のLIVEで「立ち上がって!」と言われた時は驚いたけど。

今じゃみんな、慣れたもんです!

LIVEグッズも遼生さんのデザイン♪

今回のLIVE直前には、遼生さんがインスタライブをやってくれましてね。

そこでLIVEのグッズ紹介をしてくれたのよね。

発表自体は日中に、SNSであって。

 

実際のものを遼生さんがカメラ(というかスマホ)の前で広げて説明してくれたもんで、気持ちが昂ぶってしまいまして、ええ。

「早く行ってゲットしなくては・・・!買い逃したらたいへん!!」

という気になりましたわ!

いつの間に販促上手になったんだ遼生(゚∀゚)笑

いや嬉しいです、今後もそんなパターンでぜひよろしくお願い!

ブックカバーは手帳カバーとお懐紙入れにするんだ♪

 

グッズの購入列が長蛇になることを予想してか(実際すごい列だった)当初の予定より早く開場してくれまして、無事に買えてひと安心。

今回は息子も一緒だったのでペンライトを持たせたりして準備。

は~毎度はじまる前はドキドキするわ~と思っていたら暗転しまして、

始まります!!(興奮)

セットリストは以下の通り

バンドメンバーの方々がステージ上に現れ、ブラームスの交響曲第3番第3楽章が流れる。

んですけど、女性ヴォーカルが入ってましたね・・・あれはどなたの声なんでしょ。

女性ヴォーカルVer.が終わると、ピアノとコーラスで同じ哀切な旋律が繰り返される・・・

と、突然歯切れ良くドラムが鳴り始めました!

24日はバンドメンバーと一緒に出てきてスタンバイしていた遼生さんでしたが、25日はブラームスが終了しドラムが鳴り響くのと同時に出てきてました。

スタートから客席をあっためるべく、ノリノリで始まりましたよ~!

 

此の世は、夢

コーラスが!めっちゃ好きだった!!

原音で聴いた時は遼生さんひとりの弾き語りだし、QUARTETTOではコーラスはナシだったのよね。

遼生さんが「この3人のコーラスを想像して曲を作った」と言ってたので期待してたの。

ほんとステキでしたよん。

そしてこの曲、ラストがどんどん早くなるのはお約束らしいw

 

ピリオド

ピシッと止まるドラムと、湧き上がってくるようなコーラスが印象的だった。

サビで手拍子が裏打ちになるんだけど、これももう皆んな慣れたもんで(笑)

促されなくても ちゃんちゃんとこなすというね。

この現象を遼生さんが原音の時「調教」とか言ってたけど、たしかにそんな感じ。

息子には難しかったらしく、手こずってましたわw

 

2曲終わって盛り上がってきたところで来ました!大好きな曲!!

MUSEUM-幻想的に非合理的な夢を-

これ、去年からの新曲ラッシュの中で一番好き~!

裏打ちのクラップを私たちにさせるのね。

でも24日は私たちが興奮してるせいか、リズムがだんだん速くなっちゃって、

「速いよ!!」

つって歌い出しが難しくw

その反省(?)からか、25日はドラムが正しい速度でリズムを刻んでくれました。

ありがとう、助かる(笑)

遼生さんも高まったのか、イントロで タ!タ!タ! てかけ声みたいなの出してた。

カッコいい・・・!

隣に息子がいるのにそんなの忘れて黒目をハートにしてましたわ。

てか、息子も慣れたもんで今さらツッコんでも きませんがw

そしてこれもコーラスかっこ良かったなぁ~!

サビの♪ダリにラファエロに の時に入るギターとコーラスが印象的でしたん。

 

まだまだノリノリは続きます!

Trip

練習がなかったので諦めた(?)のかと思いきや、そんなことはなくて

「声 聞かせてね・・・」

っていろっぽい囁きから始まりました(゚∀゚)おぅふ

でもコーラス隊の皆さんの麗しいコーラスが入りましたんで、我々の声は要らないと思うの(笑)

これもサビのコーラス好きなんだよなぁ。なんか切ない旋律。

はじめて聴いた時から、なぜか切なくなるなーと思ってた。泣きたくなる、この曲は。

 

「改革構成員の皆さん、ようこそ!」

構成員だったの?!なんの集団!?(笑)

そんなチラッとMCがあってから、フェアリーソングのコーラスの練習。

でも次に歌うのは別の曲だったw

 

鴉(からす)

キリッと怖めに表情を作ったお顔の横に手を構え、♪タン・タ・タン ってリズムを刻む。

カッコ良かった・・・はぁぁ・・・かっこイイ・・・(ホレボレ

明日からはこの顔と手拍子で、気に入らない上司に詰め寄れとか言ってましたw

遼生さんには珍しいと感じた、打ち込みっぽいイントロで始まるプログレっぽい曲。

♪かぁ かぁ ってエコーみたいに歌ってたのが印象に残ってる。ダークで良かった。

そういや どこのカラスかって話してて、「新宿のカラス」とか言ってたっけ。

どうして?どうしてそんなに新宿が好き??(笑)

 

フェアリーソング

いまだに「Fairies song」なのか「Fairy song」なのかハッキリしない(笑)どっちでも可。

大人数でコーラスしたので、原音の時より大きくてなんか嬉しかった。

コーラスの陽子さんと佐江子さんの動きも可愛かったな~

 

飛魚

コーラスからはじまる飛魚は今年のバースデーライブ以来。

というか飛魚を聴くのがひさしぶりだったのかな。

フェアリーソングがなんとなく森の中、かわいいって感じなので、飛魚で少し沈むというか、段をひとつ降りたような感覚になりました。

 

A bird gets sunshine

うんと若い頃に作った「飛魚」に対して、これは今の年代になって表現する「飛魚」のような曲、って話してた。

「飛びたい、いつか飛ぶ」って気持ちから、もはや「飛ぶっていいなー」って憧れる境地になったとか(笑)

ピアノのリフレインが耳に残るのよね、これ。マーチっぽいドラムも印象的でした。

ずっとリズミカルだったピアノが、ちょっと乱れるラストも好き。

 

6月の雨

インスタライブでも歌ってくれましたっけね。

気持ちが入ってたのか、大きな目に涙を浮かべて歌ってて客席も泣きがちになる(涙)

私が泣くのは別の曲なんですけど(ひねくれもの

飛魚から6月の雨までの流れは、個人的に「青の三部作」と名付けております。ブルー。

しっとりと終わり、もの悲しいピアノの旋律が・・・

 

からの再び!盛り上がる流れきました~!

HEY MASTER

おなじみの曲で「一緒に歌って!」って言ってくれるから遠慮なく歌っておりました。

近隣にいた方には私の大声が邪魔だったかも。ごめんなさい(゚∀゚)てへ

 

君に幸あれ

これもバンドサウンドで聴くのはバースデーライブ以来かな。気分の良いド直球応援ソング。

後半、半音上がるところが無性に好き♪

 

ま、いっか

歯切れの良い曲つづきます!「もっといくぞ!」って煽ってくれてありがとう、ありがとう

小西遼生のLIVEで縦ノリできる日が来るとは思いませんでした(?)。ノリまくれてしあわせ~

♪まーいまいまいごの子猫ちゃーん ってとこがとても好きです!

 

SUPER HERO

ぴょんぴょん飛んで頭上で高速クラップが楽しかった!!

腕を高くあげておくのって、意外とキツいんだよね。

ここんとこずっと肩・腕を鍛えておいて良かったと心の底から思いました!w

コーラス隊のアカペラ ♪スーパーヒーロー で始まったのも、

客席通路に飛び出してきたのも、

ひとっ飛びでぴょん!ってステージに戻ったのも、

ラストに高々と手をかかげたのも!

カッコイーーーーーー!!(絶叫

 

そういや遼生さん、「皆さん こんな汗かくLIVEに行かないでしょう?」とか言ってたっけ。

そんなことありませんって!ただあなたのLIVEで汗をかくとは思ってなかったけど!(笑)

 

暑いあつい!!と言いつつ楽しんで、でも曲数的にそろそろLIVEも終わりだよね・・・

 

想い出だらけ

この曲だいすき。ほかのどの曲とも似てない。キーが私の好きな音域が続いて気持ちがいい。

なんかこう、ずーっと漂ってる感じの曲だなと思う。

星がたくさんの夜空に、自分が浮かんでるみたいに感じるの。

キラキラした思い出がたくさんある老後になるといいなぁ。とか思う。

 

Ding-dong

個人的になぜか一番泣きたくなる曲がこれです。若い頃の失恋を思い出す。

失恋ごとき引きずるようなタマじゃないのに、なぜなんでしょねぇ。

具体的な思い出とリンクする点は別にないんだけど・・・不思議なものですw

 

あと2曲で終わりです、と聞いて「えーー」という声も出たけど、

ほとんどMCもなくどんどん歌ってくれたんで、どちらかというと「お疲れさま!」って気持ちになったよね。ありがとう~

 

SILENCE

あることがあった、ある方のために作った曲。

今回は息子と一緒に参加したこともあって、同じ事が私の身にも起きたら・・・と考えるとたまらなかった。

そんな感情で聴いていたせいか、あまり残ってないんです。申し訳ない。

ある方とはまた、一緒にLIVEをやってくれたらいいなと思っています。

 

空想改革

LIVEタイトルになってる曲はアレンジが違ってまた、印象も違う。

コーラスではじまるの良かったなぁ。あと、ドラムの音がちょっと変わってたように思う。

QUARTETTOの時より、軽快で明るく感じたのが面白かった。

会場中が空想とかげを目で追うのも楽しかった~(笑)

 

以上で終わりです~バンドメンバーを紹介して、ありがとうございましたー

て言ってハケもせず、ステージ上をくるっと回って遼生さんは戻ってきた。

時間のムダだから!とか言って(笑)

最後の回だったか?ハケたフリして、ついたての向こうに立ってて。でも見えてるw

と、いうわけでアンコールは

短い夢

ギターだけで聴くのは初めて。ピアノでばかり聴いてたんで、かなり新鮮でした。

よりいっそう、もの悲しさと穏やかな気持ちが際立って感じた。

ギターの伴奏の方が、声の輪郭が掴みやすいからなのかな。

もともと好きな曲だけど、特に良かったです。

 

てなわけで、空想改革LIVEなんと全部で18曲も歌ってくれました!

史上最多って言ってたけど、ほんとにたっぷり歌ってくれたんだなぁ。ありがとう、嬉しい!

さらに、本当に最後の最後、3公演めのラストにはアカペラで

おやすみ

最初ね、あまりのおかわり拍手に出てきたのはいいけど、バンドの方々はもう着替えちゃってて(笑)

「譜面あるけどやってない曲あった?」

「いや、ないよ」

「俺譜面持ってくるわ(ベースの沖山さん)」

などとやりとりしてましたが、遼生さんの発案で

「ぼくが1人でおすやみを歌うかと・・・」

ってことで歌ってくれました。

出だしのキーが高すぎて出なくなったり、歌詞が途中で怪しくなって、客席のファンと確認したりして楽しかった(笑)

しあわせでした~ありがとう!

 

衣装が3回とも違ってたのは初めてかな?どれもちょっと不思議なテイストのお洋服でしたね。

個人的にはこの服装がいちばん好きでした♡

(※LIVE中に雨宮監督にサプライズでお誕生お祝いを仕込み、成功して嬉しい遼生の図。かわいいひとw)

 

そしてサプライズといえば!LIVE中に発表されて驚喜しました、

今回のLIVEは音源化されるとのこと!!

うわぁあああん!!嬉しい!!うれしいよーーー!!

 

嬉しさのあまり泣き出して、息子にビックリされました・・・

「母ちゃんが泣くのを見るのは何年ぶりだろう?!」

つって(笑)

驚かしてごめん。うれし泣きw

CDで発売されるのか、配信になるのか、全曲が音源化されるのかもまだわかりませんが、楽しみにお知らせを待ちます!!

いやもう本当に嬉しいなぁ。できればCDでお願いしたい・・・

モノがあれば人に配れるので。布教布教(笑)

 

そんなこんなで楽しかったです空想改革LIVE。

私はもともと夢想がちな性質だけど、やっぱり年齢とともに妄想にも手垢がついてくるというか、柔軟さは薄れてるなと感じる。

ひとつのことからどれだけ空想を広げられるかは、豊かに生きるために大切なことと思ってる。

自分が楽しむだけじゃなくて、人との関係を築いていく時にも、仕事をする時にも、広範囲に想像すること、やわらかく思い描くことができるといいよね。

そんなことを息子と話しながら帰ってきました。

ここんとこ定期的にLIVEがあって、そのたびに驚かせてもらってる。

満たされた気持ちにさせてもらって嬉しい!

ぜひまた参加できますように。楽しかった~

コメント