2019年に観た舞台の感想をかんたんに。5月まで編

舞台ファンとしては、本当は一作ずつ詳しい感想を書くべきところですが。

ちゃんちゃんと書いておかなかったので、今さら書くのはムリになっちゃったw

防備録的にざっと書いておこうと思いますわ。

2019年に観た舞台の感想を簡単に

1月はグレートコメット漬けでした!また観たい~!!

ミュージカル「グレートコメット1812」観てきました
話題のミュージカル「ナターシャ、ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812」を観てきました。これホント、はじめての観劇体験です。楽しいよ!

1月にグレートコメット以外で観たのは「シラナミ」だけだったというね。

音楽活劇SHIRSANAMI

「シラナミ」は白浪五人男をベースにした時代劇ミュージカル。

ん?ミュージカルでは無かったのか??w

出演者の皆さんの美声をたくさん聴けた覚えがあるので、わたくし的にはミュージカルでした ←

マッピングや電飾を駆使した2.5次元的アプローチで、ちょっと新鮮だったのよね。

早乙女太一くんの殺陣はもちろん、花魁姿が美しすぎて悶絶しました。ハイ。

あと龍真咲さんカッコ良かった!

 

2月は一作だけ。

ラブ・ネバー・ダイ

スケジュールの関係でWキャストを観られず、平原綾香さん&石丸幹二さんのバージョンだけ観ました。

お歌はもう、文句なく素晴らしかった・・・けど、お話の内容どうなのコレ?って感じ(笑)

セットも豪華で目と耳は幸せでした。

3月は二作

Red Hot COLE

これはもう、個人的には彩吹真央さんを観に行ったと言っても過言ではない。真央さん素晴らしかった!!

が、しかしかなり後方列だった上に、私の前の席に身長180cmはあろうかという方が座ってらして、舞台が7割方見えなかった(゚∀゚)

博品館劇場ではなぜかこの手のことに多く当たるわたくし・・・誰が悪いわけでもないんですけどね。相性かなw

歌はバッチリ聞こえるけど、ダイナミックなダンスがほぼ見えず。とても消化不良でした~

十二番目の天使

井上芳雄さん主演のハートフルなお話。良い話でしたが、私には構成がちょっと・・・好みじゃなかったなぁ。

子役さんが上手くてビックリ。栗山千明さんも美しくて眼福。だったけど、展開に引っかかりが全くなくて、私には物足りなかったです。

作品のテイストも違うので単純に比べちゃいけないけど、1月のグレート・コメットで井上ピエールに心底感服したのも、物足りなさの原因かなと思ってみたり。

さて4月。

笑う男

これは感想記事を書きましたね

ミュージカル「笑う男」観てきました
浦井健治さん主演のミュージカル「笑う男」を観てきました。美しい美術、衣装、確かな歌唱力・演技力の役者さん揃いの演目でした~

悪くなかったけど、ラストが「ええっ」って感じだったのよね。

役者さんたちはステキでしたよん

曲は良かったし、セットも豪華でステキでした。

キンキーブーツ

サイコーでした!!再演を待ち焦がれていたわ~。

春馬くんのローラは陶酔感、自信、露悪趣味的な振る舞いに加えて、優しさと寂寥の表現が見事。

また観たい~!

4月は一人で行ったんだけど、息子と主人に観てほしくて、5月にもう一回チケットを取っておいたw

思惑通り楽しんでくれて嬉しかったわん。

BLUE-ORANGE

これも感想記事を書いたね

舞台「BLUE/ORANGE」を観てきました
成河さん、千葉哲也さん、章平さん出演の舞台「BLUE/ORANGE」を観てきました。いや見応えあった。楽しみました!

成河くん、章平くん、千葉哲也さんの3人芝居。見応えあった!

わかりやすく答えが提示されないお芝居は好き。これは特に、観た後ぐるぐる考える作品でした。

LIFE LIFE LIFE ~ 人生の3つのバージョン ~

これも書いたな

舞台「LIFE LIFE LIFE~人生の3つのバージョン~」を観てきました
シアターコクーンで上演されていた、「LIFE LIFE LIFE~人生の3つのバージョン」を観てきました。いやぁ面白かった。ヤスミナ・レザさんの作品もっと観たい~

この頃は真面目に(?)記事を書いてたのねw

まだ時間的にも精神的にも余裕があったらしい ←

ケラさん演出、大竹しのぶさん・段田安則さん・稲垣吾郎さん・ともさかりえさんの4人芝居。

大好物でございました。この4人で「バージニア・ウルフ」やってるんですよね、過去に。

またやってくれないか・・・観たい・・・

特設ステージサイド席で、ほぼステージ内に座ってる状態で観劇しまして、しのぶさんの芝居を目の前で観られたのが忘れられませぬ。

レ・ミゼラブル

2019年のレミゼはものすごかったです(゚∀゚)

興奮しとるw

濱田めぐみさんのファンテーヌと、伊礼彼方さんのジャベールが目当てでしたが、結果 自分がどれだけ吉原光夫さんのバルジャンが好きなのかを確認するに至りました。

光夫バルジャンが好きすぎて、他を認められなくなりそうよ・・・完成形じゃないのかしらあれは・・・。

レミゼは2021年にも上演が発表されてますね。

今度はどんなキャストになるでしょう?!

さてさて月が変わって5月。

細雪

明治座で上演された「細雪」は本当に、ザ・お芝居って感じの演目でした。

古風で上品、豪華絢爛。4姉妹の美しさはもちろん、セットや調度品がいちいち美しい!!

浅野ゆう子さんの長女が分からず屋なんだけどとってもチャーミング。一路さんもさすがの立ち居振る舞いで、本当に別世界だった。

細雪はずーっと昔に、映画で観たっきりだったけど、意外とお話覚えてたなぁ。

 

5月は細雪とキンキーブーツだけ。と、いうのも私の愛する小西遼生さんのFCライブ、「原音」が始まり全国行脚していたからです。

・・・とか言いつつ、まだ原音が続いていた6月には8つ観に行ってるけど・・・

6月以降のはまた後で書こうと思います~

スポンサーリンク
観劇・映画
スポンサーリンク
まみろうチャンネル

コメント