まみろうチャンネル
まみろうチャンネル > 観劇・映画 > 舞台「ショーガール」を観てきました

舞台「ショーガール」を観てきました

シルヴィア・グラブさんと川平慈英さんの「ショーガール」を観てきました。

これは元々、1974年から1988年にかけて、木の実ナナさんと細川俊之さんがパルコ劇場で上演されていた「大人の時間の大人のショー」だったんだって。

それを、三谷幸喜さんが新しく構成・演出されたんだそうです。

今年(2016年)の上演はアンコール上演。私は今回、初めて観ましたよん。

お芝居と歌、コント(?)で綴られたあっという間の時間で、笑ったしうっとりしたし楽しかった~また上演されたら絶対観に行きます!

 

オープニングはちょっとしたお芝居。お年寄りのふたりが公園のベンチで隣り合い、ふと昔の恋人じゃん!となって昔話をするんだけど、ちょっとずつかみ合わなくなってくる。

そこでお互いのフルネームを確認しあったら、まったくの他人だったっていうね(笑)

ビアさんのおばあちゃんも、慈英さんのおじいちゃんも なんだか本当にいるお年寄りみたいで可愛かったわ~。

次はもう、お芝居じゃなくてコントだったと言っていいと思う(笑)慈英さんの料理評論家が破壊的に可笑しかった~笑いすぎて涙出たし!

 

そして「淋しい探偵」というショートミュージカルへ。猫アレルギーの探偵、慈英さんがビアさん演じる謎の派手な女に依頼を受け、地味な女の調査に乗り出すが、調べるうちに地味女と恋に落ち・・・というお話。

ビアさんが派手な女と地味な女を演じ分けるんだけど、忙しいったらない(笑)でもたっぷり歌ってくれて満足。慈英さんも歌声ステキでしたよん。

そんでこの探偵さんいちいち、「ここは~♪ ニューヨーク!・・・じゃな~い~♪」って言うのだけでもオカシイのに、ニューヨークじゃなくてどこなのとなったら

「♪ ここはとーきょう、みたかーし、しもれーんじゃく(東京三鷹市下連雀)」

マニアックだなぁおい!!(笑)

このへんの遊びはさすが三谷さんって感じ?笑った笑った~

 

ミニミュージカルが終了したらそのまま後半のショータイム。まー歌うこと歌うこと、パンフレットみたらメドレーも合わせて24曲ですよ!

タップも踊るし衣装替えも忙しいし、まぁ本当に贅沢でした。

Unforgettableでうっとりしてたら恋の奴隷やら浪花節だよ人生はとか(笑)ビアさんのコブシ初めて聴いた(笑)

楽しかったなぁ!三谷さんをはじめビアさんも慈英さんもお忙しいでしょうけど、ぜひまた、やって欲しいと思える演目でした~

  カテゴリー:観劇・映画  



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

このページの先頭へ戻る