法人の印鑑の種類というものを、初めて知った話

法人印鑑セット2008年に勤めていた会社を退職して以来、個人事業主としてやってきたわたくし。

このたび夫と共に会社を設立することになり、現在あれこれ準備をしております。

本当は退職後1年くらいで法人化してやる、と思ってましたが3年かかったね(笑)

それで、定款がどーの、印鑑証明がどーのとあれこれやっているんですが、実は一番「おお!」と感動したのは「法人の印鑑」だったりします。

普通のハンコと違うから、やっぱ手元に届くと感激(笑)
↓↓↓↓↓
作った法人用印鑑

昔は印鑑って高いもの、というイメージがあったし、会社の印鑑っていうとゲン担ぎというか

「良い品質で、運勢の良い字体で作らないと会社が発展しない」

みたいなのがあったと思う。それで会社の印鑑セットなんて何十万円もするもの、ってイメージがあったけど、ぶっちゃけ印鑑が仕事を運んでくるわけでなし。

お金を稼ぎださないものに大枚はたくのはバカらしいと思うの。

今回、私たちはハンコヤドットコムで作りました。
↓↓↓↓↓
ハンコヤドットコムの袋

ハンコヤドットコムさんには「会社設立セット」というものがありましてですね、シャチハタの住所印がついてきたりして非常に便利

値段も安いし、何より注文してすぐ送ってくれるので助かりましたねー。

印鑑の材質によって値段はさまざまだけど、たいがい2万円台で作れますよん。

 

それで法人の印鑑ってどんなのが必要なのか、今回初めて知ったんですが、法人の銀行印には「○○株式会社 銀行印」って書いてあるものなのね!

そんなの初めて知ったよ私(笑)

だって個人の感覚だとさ、銀行印に使ってるハンコに「銀行印」って書いてあったら危ないじゃん!!

え?そう思わない??

法人と個人を一緒に考えちゃいけませんね。ええ、そうですね。

それにしても、長年会社勤めしてて

「契約書に社判ください」

とかしょっちゅうやってたのに、会社の印鑑といえば何か?は知らなかったというのは、なんか自分でもおかしいと思ってしまった私なのでした。

コメント

  1. ふー より:

    ま、そんなものでしょう(笑)
    行政書士資格を取った時に、お祝いとして父親に職印をつくってもらったんだけど、あのえらそーな四角はんこにけっこう感動してやたらと大事に扱ってたのがなつかしー!
    こっちではすべて署名なので、いかにかっこよく名前を書くかを結婚してラストネームがかわったときにさんざん練習しました(笑)

  2. まみろう より:

    > ふーさん、いらっしゃいませ。
    そんなものですよね(笑)職印をお父様に作っていただくなんてステキ~!私もやりたい。息子、なんか資格取らないかな(笑)
    そうか、アメリカって全部サインなんですねぇ。「あのサインは練習するものなんだろーか」と思ってましたが、やっぱり練習するんだー。「旧姓の方がカッコよく書けたのに・・・!」なんてことがあるかも知れないですね(笑)
    コメントありがとうございます!