辣韮の皮 オタク漫画は何故面白い

オタクが主人公だったり、オタクサークルの話ってのは結構ありますが、どれも面白い。何故なんでしょ。
 
まぁ話を大げさにしやすいというのもあるし、どんなに大げさにしても実際にいそうだったりもするし(笑)

「オタク」という人種が、認知され許容されてきた結果ということでしょうか。

オタクだった過去(?)を隠して楽しく明るい生活を送るべく、杜の宮高校に入学した主人公、滝沢くんの受難の日々。

お約束の「暗黒面を持つ万能の生徒会長」だのコスプレイヤーの巨乳女子だの同人ボーイズラブ作家女子だの(あれ?『げんしけん』そっくり??)、その人々の濃さったらありません。

著者の阿部川キネコ氏、某4コマ誌で整体師ギャグも描いてますが、その独特のセンスはクセになる妙味。

女性名を名乗った男性じゃないのかとずっと思ってたんですが、女性だったんですねぇ。

永野のりこ氏といい勝負の、男性オタクへの理解ぶり。

自分がオタクでなくても楽しめます。

コメント