まみろうチャンネル
まみろうチャンネル > ダイエット・美容 > メイクアップレッスン > 嶋田ちあきさんのメイクアップレッスンに行ってきました 3

嶋田ちあきさんのメイクアップレッスンに行ってきました 3

長い話になっております、「嶋田ちあきさんのメイクアップレッスンに行った話」第3回をお送りいたします。

ホントに長い話になってますね~(笑)

聞いてきたことを、あれもこれもお伝えしたくてねぇ!!

もしできれば、皆さまも一度行ってみるのをお勧めします。メイクアップレッスンは色々なところで行われているようですよ~。

さて、ベース作りが終わって、いよいよ顔に色付けをしていくことに。

 

今までは、ファンデーションをのっぺりと塗っていたため、能面のようでした。

たまに張り切って色々つけると、加減がわからないためつけすぎてしまいます。

そのため、顔は「ひとりカーニバル状態」に(汗)

化粧するとキレイになるっていうより、やたらケバくなると思っていたけど、原因はやはり基本の無さだったか(涙)

基本を学んで、見違えるように美しくなったわたくし。

嶋田真理子さん

こんなに美人になりました!

 

・・・嘘です(笑)

この方は、嶋田ちあきさんの奥さまである嶋田真理子さん。

モデルでいらしてですね~、すんごい細くてお綺麗でした。

デモンストレーションでご主人にメイクを施されているのですが、

「人にメイクをしてもらう」
「人に見られる」
ことに慣れている、堂々とした雰囲気がまたステキでした。

それにひきかえ、この私・・・。

真理子さんとは1歳違いだというのに、こういう「美」についての場所にくると、場違いな気がしていたたまれない気分に。

自信が無い事っては、こんなにも人を臆病にさせるのですねー。

せめて今後はメイクを精進&場慣れして、少しは堂々とできるようにしたいものです。

人知れず内省と決意に燃える私。

 

さて、一通り説明が終わると、また各自鏡の前に戻って実践です!

まずはアイメイク。アイシャドー→アイライン→マスカラの手順で進めます。

こっちはね、技術が要るところもあるけど、ベースを作るより難しくありません。

嶋田ちあきさんお勧めのこの秋のメイクは、まず

「ギラギラしない、するっとした質感」

が大切だそうです。

この日使ったアイテムは、

*アイシャドー
・NARS デュオアイシャドー 3067 ISOLDE
・KATE グラディカルアイズS WN-1
*ハイライト
・コスメデコルテAQ ニュアンスグロウ GD003
・コスメデコルテAQ ライトフォーカス SP002
*チーク
・GUERLAIN ブラッシュエクラ 02
*リップ
・ラブーシュカ ルージュスタークラシックス BE-2
・LANCOME カラーフィーバー デューイーシャイン 309

でした。

 

まずはハイライトの「ライトフォーカス」をまぶた全体に広げます。すっと伸びるのでごりごりとつける必要なし。ブラシですっとはけただけでキレイにつきます。

うう~ん、さすがに高級なものはいいなぁ(3000円もするハイライトを使ったことがない私)

そうしておいて、次はアイシャドー。NARSの「デュオアイシャドー」の薄い方の色をアイホールに。

目尻の方から、目頭に向かってつけていくんですが、眼球の丸みにそってまず上を。

縦に3分割して塗っていくと、うまく塗れます。

怖がらずに大胆に塗りましょう!

で、次は同じ「デュオアイシャドー」の濃い方を目のきわに入れていきます。

目尻を太く、目の中央付近で自然に消えていく感じで。目の下にも、同じように目尻から入れていき、目の上と下のアイシャドーは目尻で合わさるように。

そうしておいて、はじの方はブラシでぼかします。

さらにKATEのアイシャドーの、一番はじっこのボルドー色のみを使うという贅沢さ(汗)

目尻を(私の場合は)上げ気味にラインを太く描く。

これは好みでいいそうで、目尻を下げて描く方もいるそうですね~。セクシーになるとか。

さて、仕上げに目頭にちょこっとだけ、さっきベースに使ったハイライトの「ライトフォーカス」を使います。

で、ぼかす。

 

次にアイラインを描きます。

自分で描くときは、片手でまぶたを持ち上げ、まつげの下から入れていきます。目尻から目頭に向かって、まつげの間を埋めていくように。

目の印象をあまり強くしたくない人は、アイラインは入れなくてもいいということでした。

あと、寄り目気味の人は、目頭まで入れずに途中でやめておくといいそうです。

目の下も同じように、目尻から目頭に向かってラインを入れていきます。

ラインを描いたらマスカラ。

まつげはとにかく、ビューラーで根元をしっかり上げます。もー、パッキリと上を向けてしまう!それから、ビューラーの位置をずらしてはさんでいけば、ムリにカーブを作らなくてもきちんとカールします。

ぐいぐいひっぱると、まつげが抜けてしまうので注意。

はい、力業は得意な私

気をつけます(汗)

 

マスカラは横にしてなるべく根元に置き、左右にゆすって、前でなく上にすっとあげます。

まず黒目の上、次に内側、外側を。

そうしたらすぐにマスカラを立てて、1本ずつすくいあげていきます。

下まつげはマスカラを立てて左右に動かし、たっぷりつけたあと、上下させます。

乾いたら重ねづけ。

たれ目を上げたいとか、目を丸く見せたいとかいう時は、まつげを外に向けて流したり、中央にマスカラを多くつけることで印象が変わるので、試してみてね。

さー、ここまでくるとだいぶキレイになった気がします(笑)

いつもよりイイ化粧品を使ってるし、気分も高揚してるから目もキラキラして自分がキレイ。

 

ま、あくまで当社比ですが(笑)

 

チークとハイライトを入れていきます。

ここでも自分の骨格を考えて、チークはほほ骨のすぐ下に。小さく左右にブラシをゆらしてつけていきます。

ブラシには、チークパウダーを含ませたあとティッシュか手の上でトントン、と軽く叩きましょうとのこと。

余計なパウダーを落とすというより、ブラシの奥にチークの粒子を入り込ませて、つけるときに自然に出てくるようにするためだそうです。

やっぱり道具も、正しい使い方が大切なのね~。

 

チークをつけたら、ハイライトをおきます。

ハイライトは、ほほ骨のすぐ上に。チークと平行に入れます。嶋田ちあきさんがお勧めしていたハイライトの「ニュアンスグロウ」は、つるりとした質感で肌がキレイに見えますよ!

これまた、4000円もするんですけど(汗)

いっしょけんめ働いて、こういうのが使えるようになろーっと。

 

Tゾーンにもハイライトを。そうして、鼻筋の一番低いところ(目の間ですね)にもハイライトを置き、指でぼかします。

そうすると、ノーズシャドーを入れるより自然に凹凸が!

ううーん、たったこれだけでずいぶん違うな~。

 

リップは、今はあんまりラインをきっぱり描かないのがいいらしいです。口角から山に向かって自然に描き、中を塗ります。

注意する点は、全体を見たときに、目の印象が際立つようにすること。アイシャドーが一番目立つようにすることだそうです。

アイシャドーもチークもリップも目立つと、結局締まらず美しくなくなってしまいます。

メイク終了

さて、できました~!

「全然キレイになってないじゃん!」

というツッコミはご遠慮願います(笑)

各自、胸にしまっておくようにね!オトナなんだから!(涙声)

 

いつもの化粧

ちなみに、いつもの化粧はこんなです

白塗りですね(笑)

これ、アイシャドーとかチークとか、つけてるんですけど全然活きてませんね。

思ったんですけど、慣れないと怖くてすごーく微量しかつけなかったりしますが、ちゃんとついていた方が断然キレイですよ。このメイクアップレッスンに参加した中にも、

「私、つけすぎてませんか?」

って言ってる方がいたけど、全然そんなことない。むしろ表情が活きて、若々しく感じました。

 

それにしても、やっぱりベースを美しく仕上げるのが大事なんですねぇ。今回しみじみ思いました。

あと、道具ね。ブラシなんてチークブラシくらいしか持ってなかったけど、ちゃんとしたの(高価でなくても)を揃えようっと。

ベースメイクに定評のある嶋田ちあきさんがプロデュースした「ヌーディモア」も使い心地がよかったです。ファンデと下地、揃えようかな。

色々と学べたメイクアップレッスン、とっても楽しかったです。皆さまも機会があったら、お近くのデパートやショップで、ぜひプロに教わるのをお勧めします。

嶋田ちあきさんと

記念に嶋田ちあきさんと写真を撮らせてもらいました(喜)

ありがとうございました!

  カテゴリー:メイクアップレッスン  


3 Comments »

  • まみろうさん、こんばんは。
    前と後では、全然違いますよー。
    目が大きく、優しく見えます(ほんとうに優しいですよねっ)。
    パール系シャドウもはやりましたが、今はマットが気分ですよね。マイブームはグレーです。
    いいブラシをぜひ!化粧品が安物でも、きれいに仕上がるんです。そして、パフやスポンジやブラシをまめに洗いましょ~(特に私)。
    私も、顔の正面と側面を意識しながら、ベース作りに力を入れることにします!

  • まみろうさん、綺麗ですよ。ちゃんとMake upになってます。ブラウスも似合っていて良いですね!
    嶋田ちあきさんとのツーショット、兄妹に見えます。

  • >>くもすけさん、いらっしゃいませ。
    ありがとうございます。そう言ってくださると、恥をしのんで粗顔(?)をさらした甲斐があるってもんです(笑)本当に優しいですよ。ええ、もう(微笑)
    ブラシ、安いのだけど買ったんです。仕上がりが全然違う!もっと早く揃えれば良かったですよー。必要な道具ってのは、やはりあるもんなんですね。私も日々、精進です!
    >>yunyunさん、いらっしゃいませ。
    ありがとうございます。レッスンに行ってから、顔の手入れの時にとにかく擦らないことと、洗顔以外に汚れを剥がそうと色々やるのを止めたらもう、顔色が違うんですよ(驚)
    あっ、やっぱり似てますか?!(笑)実は自分でも思ってたんですよねー、「この人、私に似てる」って。夫にも言われましたよ。
    ちなみに私、太ってた時は林真理子さんによく似てました。(林真理子さんごめんなさい)
    コメントありがとうございます!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

このページの先頭へ戻る