まみろうチャンネル
まみろうチャンネル > ダイエット・美容 > メイクアップレッスン > 嶋田ちあきさんのメイクアップレッスンに行ってきました 2

嶋田ちあきさんのメイクアップレッスンに行ってきました 2

さてさて、嶋田ちあきさんのメイクアップレッスンの続きです。

一通り説明が終わると、各自鏡の前に移動。用意されたアイテムを使って、まず自己流のお化粧を落とすところから始めます。

たった今、「お化粧を落とすのに皮膚を擦ってはいけませんよ」と聞いたばかりなのに、ついマスカラを落とすためごりごりと擦る私。

こらこら!今言われたばっかりやんけ!

脳内ひとりツッコミを入れつつ、擦らないようにゆっくり時間をかけてメイクを落としました。

思えば、私何をするにも気ぜわしいのよね。

だから何でもごりごりと力を入れてやってしまうのね。美しくなりたいなら、もう少し気持ちに余裕を持ち、ゆったりと優雅な動きができるようにならなくては・・・

と思いながらも、クレンジングのポンプをブシュブシュとせわしなく押す私。

いかんいかん!(汗)

なんとかメイクを落とし終え、化粧水と保湿クリームを塗ってさぁ、下地クリームを。んー、どのくらいの量使うんだっけ??

「これとこれを、それぞれ1センチくらいずつ出してお使いくださいね」

美しいスタッフのお嬢さんに助け舟を出していただき感謝。

普段は20代のお嬢さんに気後れすることなんてない私ですが、こと「美」に関しては自信がないのがありありと出ますね、態度に(泣)

 

さて、手の甲で下地クリームを混ぜ混ぜし、いざ顔へ。色は全然つきませんが、すっと伸びて良い感じ。

その後目の周りを除き、クリームファンデをつけます。色は嶋田ちあきさんプロデュースの、「ヌーディモア」のファンデーションの02。

皮膚を引っ張らないように、ぴたぴたとつけて、と。

「あ、手の上で薄く伸ばしてから、お顔にのせるといいですよ」

あっ、今聞いたばっかりなのに忘れてた(汗)

そう、色黒のコンプレックスがあるせいか、私はファンデーションを乗せるとき、顔にはっきりと色がつかないと不安なんです。

でもそれだと白塗りになりがち。厚化粧にもなりがちで、結局メイクが崩れやすくなってしまう。

あくまでもファンデーションは薄く。うすーくでいいんですよ、奥さん!

しかも、薄ーく伸ばしたファンデの上から、スポンジでトントンと叩くようにして余分な脂を取っていきます。

「これしか塗ってないのに・・・さらに取っちまっていいのか」

と不安になりますが、パウダーをのせる頃にはちょうどいいことがよく分かりますよ!

 

さて、ファンデも薄く伸ばしたしと。よーし、それじゃーコンシーラーを塗りましょう。えーと・・・どれを使ったらいいんだろ。

色がたくさんあって、選べません(汗)

これかなぁ、いや、白すぎるだろ。やっぱりこっち??でもこんな色じゃシミやくすみが隠れないんじゃ・・・??

不織布のケープを首にかけ、鏡の前でコンシーラーを睨み固まっている私に、またまたスタッフのお嬢さんが助け舟。

「お色、選びましょうか」

「はいっ!是非お願いしますっ!!」

“気をつけ”するような勢いでお願いする私。

 

スタッフのお嬢さん、コンシーラーを混ぜては私の顔に乗せ、混ぜては顔に乗せしておりましたが、美しく整えられた眉をひそめておられます。

「すみません、少しお待ちくださいね」

・・・私の顔が黒すぎるのか、用意されたコンシーラーでは色が合わなかった模様(号泣)

スタッフルームの奥から、ボビーブラウンのコレクター(コンシーラーよりカバー力が強いもの)を持ってきてくださったスタッフの方。

あのう、やっぱりこの顔、くすんでますよね?

「うーん、そうですね。首のお色やデコルテと比べて、お顔はお肌が疲れてらっしゃるかもしれませんね」

ああっやっぱし!!

分かっていたけど衝撃を受ける私に、スタッフの方は続けます。

「でも、お肌の色は変えられませんが、くすみは改善できますよ。正しいケアをお知りになれば、皆さん見違えるようにお綺麗になりますから」

・・・お嬢さん、ナイスフォロー!!(感涙)

そうよね、色黒は直せないけど、くすみは取れるわよね!

今日からちゃんとケアしようっと!!

 

スタッフの方が特別に持ってきてくださったコレクターと、ヌーディモアのコンシーラーの中の色を混ぜて、私に合う色を作ってもらいました。

ファンデ直し

ファンデーションのかたまりがあったので、伸ばしてもらっているところ(笑)

目の上をコンシーラーで塗る

まぶたの上を、ファンデーションよりピンクの強いコンシーラーで塗ります。

目の下を塗る

目の下はさらに強いピンクで。

片目だけスタッフの方にやってもらい、もう片方の目を自分でやってみます。

うーん、やってもらってるときは簡単そうだけど、筆でちょびっと置いて、擦らずに指先で伸ばすのって難しいなぁ!

しかも目の際。やってもらった方はつるりとしているのに、自分でやった方はヨレヨレです(涙)

家かえって練習しなくちゃ!

 

続いてパウダーをのせます。パウダーはほんの少し、直径で3センチないくらいの量を、パフによーく揉みこんで使います。

まず頬に、力を入れずにすっと置く。で、押し付けず、パンパンと叩かずに顔の上に置いていくんですが、これまた、力を入れて叩きたくなるのよねぇ(困)

さて、これで顔の広い面積のところはおしまい。

おお、なんかつやつやしてちょうどいい感じだよ!ぼってりしてないし、何色か使ってるから、顔に立体感が出て自然な感じ。

そしてこれから眉を描く。描くんですけど・・・

眉って、難しいですよね(大汗)

私、若い頃にちゃんとしたお化粧というものを学んでいないので、今ごろになって苦労しているんですが、皆さん!

基本は大事ですよ!(言われなくても皆知ってるっつの)

あー、どうしてハタチの頃にパンクスなんかやってたんだろ・・・。眉なんか剃っちゃってたしなー。

どうしてあの頃、「愛されキャラ」を目指さなかったんだろ。ってそういう性質じゃなかったからだけどさ。

などと今後悔しても始まりません。とにかく眉を、眉を描かなくては!!

 

私は元々眉が濃いほうで、放っておくとまぶたの大部分に繁殖するので、定期的に剃ってはいるんですが、左右の高さも長さもかなり違います。

どうしていいかわからず、結局いつもどおりの「ほったらかし」眉の状態で鏡を睨んでいると、またまた先ほどのスタッフの方が。

「眉、難しいですよね~」

私をかなりのメイク弱者と認識したらしいスタッフの方、にこやかに微笑みながら、私が一度描いた眉をクレンジングで落としてくれました(涙)

「少し切りましょうね」

はいっ、切ってください!というか、切り方を教えてください是非。ぜひにも!!(哀願)

眉バサミでざくざくと切っていくスタッフの方。あーやっぱり、かなり要らないのね。もの凄く、切ってますよね!?

ほったらかしにしているんですから当然です。手順を見ていると、眉の下側、眉尻の方からハサミを入れて形を作っていくようです。

時々鏡を見て、バランスを見ながら整えてくれました。

これまたコンプレックスである、左右の眉の高さの違いは、右眉は下を削り、左眉は上を削ることでカバー。

おお、凄い!高さが揃ったよ!!(感動)

「すみません、半分くらい切ってしまいましたけど。これで、描いてみてくださいね」

いいんですいいんです!どうせボーボーに生やしてただけなんですから!!

眉を切っただけで、どのくらい印象が変わるかというとですね、

これが整える前。

眉を整える前

これが整えてもらった後。

眉を整えてもらった後

違うでしょう?!

 

さて、眉を描いていくんですが、顔の骨格によって眉山を決めようということでした。

自分の顔を外側から内側に向かって触っていくと、頬骨の一番高いところがありますよね?

「ここまでは顔の側面だけど、ここからは正面」

という境目のところ。

同じように、おでこを外側から内側に向かって触っていくと、おでこにも

「側面と正面の境目」

があるのがわかります。

その両方を縦に結んだ線上に、眉山を描く。

そうすると自然で美しい眉が描けるというわけです。

描く順番は、眉の下の線から。線を結構はっきり描いてしまい、中を塗って上を描く。次に眉尻の、やはり下側を描く。眉頭を描き、最後に山を作ります。

って書くと簡単だけど、これが一番大変ですよね~。

私には角度のついた眉が似合うということで、かなりはっきりした眉になりました。

 

会場には昼食が準備され、嶋田ちあきさん本人によるベースメイクのチェックが終わった人から食事しています。

い~い匂いがしていて、私もお腹が空いたけど、なんせ眉を整えてもらうのに、スタッフの方をひとり締め状態(汗)

当然、チェックは後の方に。食事ができたのは、午後2時過ぎになってしまいました。

私の眉を整えてくれたスタッフの方も、お腹減ったろうなぁ。どうも済みませんでした(謝)

お弁当

昼食はヘルシーなお弁当。なかなか美味しかったですよん。

ただ、食事するのが遅くなったせいで冷め切ってしまっていたので、五穀米は固くて辛かった(涙)

温かいうちならもっと美味しかったろうになぁ。

いくらメイクの技術を磨いても、食べるものに無頓着ではいけないのでしょうね。身体に良いものを適量食べましょうというメッセージも感じつつ、いただきました。

ひと息ついて、午後は色付けをしていきま~す!

つづきはこちら

  カテゴリー:メイクアップレッスン  


2 Comments »

  • まみろうさん、こんばんは!
    ウシシシ…。ビリーさんの方で楽しませてもらっていますが、こちらにも進出してまいりました。
    メイクアップレッスン、まみろうさんのレポート読んで勉強させてもらっております(授業料払わなきゃ?)。一にも二にもメイクは「土台作り」が肝心なんだなあと思いました。そして眉!眉の位置や形や色って、なんでこんなに顔の印象を左右するんでしょうか?顔の正面と側面??眉山はいつもその時の気分で作っていましたよ~。失礼ながらまみろうさんも眉を整えられて、断然よくなりましたよね。
    ところで先日シュウウエムラの眉ブラシを買って、私の眉もそれまでよりは格段によくなったのですが、それとは別に、日によって眉の高さが左右で違うことが多かったんです。
    最近知ったのですが、表情が乏しくて顔の筋肉がたるんだり、ずっと横向きで寝たりすることで、顔の造作がズレて非対称になるらしいんです!心当たりありまくりです!それを知って以来、意識して左右同じように目を見開いたり、口角を上げたりして(つまり不必要に明るくハイテンション)、夜は仰向きで寝るようにしています。
    まみろうさんも、気をつけてくださいねー!

  • >くもすけさん、いらっしゃいませ。
    進出ありがとうございます。嬉しいです。
    どうも、コメント欄に不具合があったらしく、入れられなかったみたいなんですよね。何人かの方に「コメント入れられませんよ?」って問い合わせをいただいたので、夫に詰め寄ったところ、「あ、設定ひとつ違ってた」そうです。
    どうもすみませんでした。夫、キツめにシメときましたんで、お許しくださいませ(謝)
    メイクレッスン参考になれば嬉しいです。やっぱね~、基本が大事なんですよね、なんでも(笑)
    表情が豊かなのはいいことですよねー。少々ハイテンションでもいいじゃないですか!私は以前、うつ伏せでないと眠れなかったんですけど、ビリーで腹筋がついたら仰向けでないと寝付けなくなりましたよ~。
    コメントありがとうございます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

このページの先頭へ戻る