げんしけん オタクっていっても普通の若者

「もやしもん」とさまざまな点で似ているといわれている(?)「げんしけん」。

内容は全然違いますよ!?

でも設定とかね、なーんとなく、似ているといわれるとそう思えるから、不思議ですねー。

椎応大学のサークル「現代視覚文化研究会」に集まる大学生たちの趣味と欲望と成長を描いた作品ですが、「オタク」を扱っているけれどその内容はまったくもってごく普通。

というか今どき(これちょっと前の漫画ですけどね)、「オタク」を変人と見る向きは少ないのでは。

扱いづらい人がいるのなんて別に「オタク」でなくてもあたりまえのことだし。

わたくし個人はオタクと呼ばれる人たちと実際友人ではありませんが、知人にはたくさんおります。

その人たちは別に扱いづらい人たちでもありません。

趣味にハンパでないお金をかけるのはホントだけど。

「げんしけん」のメンバーの中には困った子もいますが(クッチーとかね)、基本的に皆常識的で普通の子たち。

コスプレ好きの帰国子女(爆乳)やらツンデレ体質のやおい腐女子やら、お約束ではありますが魅力的な娘たちも。

たったひとり、オタクでないのに「げんしけん」会員になっちゃう咲ちゃんも、他のメンバーと反発したり協力したりしながら立派な一員に。

青春コミックとしてかなりの出来といえるでしょう。

ただし作中に出てくる「くじびきアンバランス」、これ、最初っから実在してたと思っちゃう人多いよね!

いや現在は実在しますけど。

その設定のものすごさ、ぜひコミックスのカバーを外して読んでみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
まみろうチャンネル

コメント