ミュージカル「ウェイトレス」を観てきました

うかうかしているうちに桜も散り、すでに新緑な感じになってしまいました。

埼玉県東部在住のまみろうです。

ここ数年、季節が前倒しになってる気がする。

そのうち「四季」でなく「三季」とかなっちゃうんじゃないかしら。そしたら劇団四季はどうするのかしら(どうもしない)

さて、今回は3月中旬に観に行ったミュージカル「ウエイトレス」の感想を~

あらすじ

アメリカ南部の田舎町にあるダイナーでは、ウェイトレスのジェナ(高畑充希さん)が作るパイが人気。

体調がすぐれない様子を見て、ウェイトレス仲間のドーン(宮澤エマさん)・ベッキー(LiLiCoさん、浦嶋りんこさん)は心配。

体調不良は妊娠のせいだったが、喜べないジェナ。彼女はモラハラ夫・アール(渡辺大輔さん)と別れたいと考えているのだった。

かかりつけの産婦人科へ行くとおなじみの先生はおらず、代わりの若いポマター医師(宮野真守さん)にしぶしぶ診察してもらう。

ポマター医師は「妊娠は嬉しくないけど産む」と言うジェナが気になるのだった。

ドーンとベッキーも、それぞれの暮らしに悩みを抱えている。

そんな時、ダイナーのオーナーであるジョー(佐藤正宏さん)が、「全国パイづくりコンテストに出場し、賞金を稼いだらどうか?」と提案する。


ジェナは出場を決意し、優勝したらアールと別れようと決意。

いっぽう、診察を受け話し合ううちに、ジェナとポマター医師は惹かれ合う。お互いが既婚者だとわかっていながら不倫関係になるふたり。

ジェナのお腹はどんどん大きくなり、コンテストの日も近づいてくる───

まさに「アメリカン・コメディ」でした

日本人の感性ではちょいと笑いづらいぞ?wってとこもあり。

それぞれが愛に励んでるのを表すのは、別にセックス表現じゃなくても良くない??(笑)

ダイナーで働く女性たちの、報われない生活(働くのが嫌いな夫のモラハラや介護)を描きつつ、でも笑い飛ばしちゃうよってパワーもアメリカ的。

美術セットもレトロアメリカンで、色合いや家具の雰囲気もかわいくて良かったなぁ。

ダイナーの中にバンドステージがあり、そこで実際に演奏してるのも良かった!

あとね、ステージの上手・下手それぞれに縦型のケースが床から天井まで伸びてて、その中にパイがずらっと並んでたの。

あれすっごい可愛かったなー!

扉が開くようになってて、時々ジェナがその中のパイを取り出したり、しまったり。

食品サンプルなんでしょうけど、あれを見てると猛烈にパイが食べたくなる(笑)

そうそう、劇中でジェナが作るパイに色んな名前をつけるのね。その時の気持ちとか、想い出とかこめて。

ほとんどのパイは味の想像がつく(せつない想いなら甘酸っぱいだろうとか)けど、たったひとつ

「お医者さんごっこしたい パーイ(セクシーヴォイス)」

だけは味の想像がつかんかったw

内気なオタク娘のドーンにアプローチしてくるオギーが(おばたのお兄さん)なんですけど、もうね、身体能力がすごい(笑)

予測不能な動きでめっちゃ笑ってしまったw

ドーンのエマさんは安定の巧さ。内気な役ってあまり印象になかったけど、芸達者ですよね~。

ベッキー役は、私が観た回はLiLiCoさんでした。初ミュージカル出演とのことでしたけど、なかなかどうして堂々とした芝居と歌声でしたよ!

宮野マモくんは私にはコメディ色の強い印象しかないんで(たぶん映画「花ゲリラ」のせい)、基本二枚目なのに動きや声色がちょっと可笑しいポマター医師はハマり役だなーと思って観てました。

決めるとこはビシッとキメるしね!

ダイナーの料理人カルは勝矢さん。いかにもアメリカンダイナーでステーキ焼いてそうwこれまたハマってました。

ベッキー役LiLiCoさんとのやりとりがおっかしいオカシイ(笑)

ジェナのモラハラ夫の渡辺大輔さんも良かった。

ジェナに固執・束縛する情けなさと弱さ。この劇中ではわかりやすい嫌われ役ですが、徹底して嫌わせてくれた(笑)

カテコでは優しい笑顔でなんだか安心したしw

そして高畑充希さん。もうとにかく声が好き。

ウェットなんですよね、声質が。濡れたような声。

シルビア・グラブさんもそうなんですけど、あの系統の声にすごく惹かれるんですよ私。

芝居は巧いし歌もダイナミックでステキ。そして色っぽい!

彼女自身の賢さがジェナの芯に通ってる感じがして、すごく良かったです。

そういや、高畑充希さんを最初に「巧いな」と思ったのはTVドラマの「Q10」でした。

同じドラマで池松壮亮さん・蓮佛美沙子さんも気になったんだよね~。

今思い出すとすごいよね、あのドラマ。出演者が。

コンテストには結局出場できないけど、別の方向でハッピーエンドに。

報われないようでも、誰かは見ててくれてるよ、ってことかな。

時々チリッと胸が痛むけど、笑ってハッピーな気分になれるミュージカルでした~

スポンサーリンク
観劇・映画
スポンサーリンク
まみろうチャンネル

コメント