キッザニア東京へ行って参りました

ゴールデンウィークが終わったと思ったら、もうすぐに夏休みになりますねぇ。

子どもが学校へ通うようになったら、時の流れの速さをよりビシビシと感じるようになりましたわ。

さて息子が入学前には、どこにでも気がむいたら行けたんですが、学校が始まるとそういうわけにもいかない。

人ごみが嫌いなまみろう家においても、お出かけは学校がお休みの時に合わせるようになりました。

人様と比べて多い少ないを考えるのはナンセンスですが、お出かけできるチャンスが少ないほど何処かに連れて行ってやりたいと思うのが親心。

というわけで、ゴールデンウィークにはどこぞに連れて行ってやろうと考えていたわけです。

 

本当はディズニーランドに行きたかったんですけど、行きたいのは私だけで他の家族は全く興味がない。メインの息子も全然で、

「ママ、行って来たら?」

などと言われる始末。つまらんのう。

ジェットコースター類にも乗れないから遊園地に行ってもつまらないし・・・と考え、ふと思いついたのがキッザニア。

「そういえばキッザニアって小学生のうちしか楽しめないんじゃなかったっけ??」

というわけで息子に公式サイトを見せたところ興味を示したので、キッザニアへ行くことにしたというわけです。

思いついたのが早い時期ではなかったので、予約が取れないかも・・・と思いましたがうまいこと連休の中日に取れ、行くことができましたよん。

 

キッザニアの営業は午前・午後の2部制で、入場するには予約が必要。学校の長期休暇の時期になると、やっぱり予約が取りにくくなりますねー。行くならお早めにご予約をおすすめしますわ!

さてさて、私たちが行ったのは日曜日の午前の部。施設に入ってまずは何の仕事をするか決めます。息子に「どんな仕事にする?」と聞いたところ返って来た答えは

「お料理するひと!」

と、いうわけでまずはABCクッキングスクールへ。いっちょまえにコックさんの格好をさせてもらって、お料理に挑戦しましたよ

作ったものはおにぎりです

食べ物系のお仕事は人気が高くて、中には入場開始(9時)と同時にスケジュールがいっぱいになってしまうお仕事も。息子もピザーラやモスバーガー、DONQのパン作りもやりたかったらしいですが、

「待ち時間が長いならパス」

だそうで、今回は見送りました(笑)

 

ABCクッキングスクールは、お仕事というより習い事チックでしたね。言われた通りにご飯を包んで飾りつけして、パックに詰めておしまい。息子は料理をしたことがないので楽しかったようですが、普段からお手伝いしてる子には物足りないかもよ。

そしてお次はニチレイで冷凍食品づくり。ご飯や具を冷凍してパッケージする!だけなんだけど、冷凍食品なんて作ったことないから面白かったらしい

作った冷凍食品は、最期にレンジで加熱して渡してくれます。最初のおにぎりに続きご飯もの連発で、早くもお腹がいっぱいに(笑)

 

食べ物関係が続いたところで次のお仕事はTV局。

カメラマンがやりたいなーと言っていましたが、他の子との兼ね合いで、やりたいことが出来るかどうか分からない。実際の仕事もそうよね。譲れるところは譲って、譲れないところは主張する。良い経験じゃないですかね~。

で、調整の結果、希望通りカメラマンができました。

TV局でのお仕事は番組を作ることなんですが、できた番組とスタッフ紹介は、無料でDVDにしてもらえますよん。

ある程度お仕事したら食事。お仕事の場でもあるピザーラやモスの食品も買えるし、惣菜店のRF1(アールエフワン)もあるので食べ物には困らないんだけど、座る場所が少ないのがちょっと困りましたね。

時間をずらして食べようと思っても、疲れたお父さん・お母さんが座ったまま動かないでいたりするので、食事は早めにするのがいいと思います。

 

キッザニアの中は「夜の雰囲気」

こういう雰囲気も、子どもには嬉しいもんなんでしょうね~。

ずっと薄暗いので、火事になる設定の建物も、火がついたように見えるというわけです

この火事になる建物、1時間に1回くらい、パチパチといい出しましてですね、ちびっこ消防士たちが消火に駆けつけます。

消火前にはミニ消防車が駆けつけてくるんですが、子どもの声で

「しょーぼうしゃがとおります!みちをあけてくらさい!」

とか言われると微笑ましい気持ちでいっぱいになりますわ(笑)

 

そういえばキッザニアでは仕事をすると「キッザ」というお金をもらえます。キッザは持ち帰ってもいいんだけど、キッザニアの中に銀行があるので、預けることもできるんです。

銀行の口座を開設する、なんて子どもにはできませんから、かなり嬉しかったみたい

そういう大人扱い、みたいなのがいいんでしょうね~。

さて息子、休憩した後は何をやるのかと思ったら今度は

「ヤクルト行きたい!」

なぜ?なぜ食べ物がらみばかりなの??(笑)

ヤクルトでは菌の研究がお仕事。顕微鏡をのぞくのは初めてなので、大変楽しかったもようです。

最期にはお約束でヤクルトをもらってましたよ。

午前の部は午後3時で終了なので、できるお仕事はあとひとつくらい。最後の仕事も食べ物関係か?と思ったら次は工事現場

「ゴーヘイ、ゴーヘイ」「スラー、スラー」と本式の掛け声で張り切ってました。作ったものはスカイツリー・・・の、ようなもの(笑)

完成後にはライトアップもしましたよん。

それぞれのお仕事先でユニフォームに着替えるし、待ち時間もあるので時間はかかりますけど、他では体験できないことが多いのでやっぱり楽しかったもよう。帰り道で早速

「また行きたい!」

と言っていたので、夏休みにでもまた連れて行ってやろうと思いますわ。

だけどもねー、息子の次にやってみたい仕事は「お寿司屋さん」なんだそうで。すし屋の仕事は東京にはなくて、キッザニア甲子園にしかないんですよ。

兵庫まで行くはめになるかもね・・・

コメント