まみろうチャンネル
まみろうチャンネル > > 笑犬樓の逆襲 考え方が好きな作家

笑犬樓の逆襲 考え方が好きな作家

何を隠そう、筒井康隆氏のファンであるわたくし。

先日は「笑犬樓の逆襲」を読みました。

筒井氏のエッセイは、実は大昔に読んだ「狂気の沙汰も金次第」以来なんですが。

大ファンというわりには、お粗末な読暦でしょうか?

ここ2,3年の間に読んだ筒井氏の小説の中では、「敵」が一番(わたくしにとって)強烈で好きでした。

ラスト何ページか、泣けてしかたなかったです。

 

「笑犬樓の逆襲」は、断筆解除すぐ後に雑誌『噂の真相』に掲載されていたものだそうですが、連載時はまったく知りませんでした。

だいたいわたくし、大好きな作家でも連載時には追いかけない(これは小説でも漫画でもそう)ので、連載されていること自体を知らないことがよくあります。

連載時に読まないのは、先が知りたくて欲求不満になるから。

話題作ほど、完結してから読むことが多いです。1話完結ものは、その限りではありませんが。

好きな作品を書く人が、人格的にこちらの好きな人かどうかはわかりませんけど、筒井氏の論理的思考はとても好き。

怒りっぽい人という印象があるけど(実際怒りっぽいらしいですけど)、何に対して腹が立ったのかを理論的に説明できる人って、実はあまりいないと思います。

面白い一冊でした。

  カテゴリー:  



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

このページの先頭へ戻る