まみろうチャンネル
まみろうチャンネル > > あなたの魅力を演出するちょっとしたヒント

あなたの魅力を演出するちょっとしたヒント

よほど人間嫌いだったり、偏屈だったりしない限り、「魅力的な人になりたい」と思わない人はいないでしょう。

この本、題名がとっても良いと思うんですけどどうかしら。

「あなたが魅力的になるために」じゃないんですよ。「あなたの魅力を演出するちょっとしたヒント」、つまり「あなたが魅力的である」ことは前提になっているんです。

素敵!

どんな人にもその人の魅力ってあるものですからね。

さて魅力的な人って、どういう人かしら。

自分がルックスに恵まれていないことを、幼少期から知っていたわたくし。

思春期の頃はふてくされて(?)自分を磨くことなど考えもしませんでしたが、10代の半ばごろ、あることをきっかけにその考えが変わりました。

それは「演劇」でした。

そう真剣に取り組んだわけでもありませんでしたが、学校の部活動やら、ボランティアの人形劇やらの活動でも、自分ではない誰かの人生を表現する喜びは、そのまま自分自身を大切に思うことへと変化していきました。

「変わったことや劇的なことがなくても、あたしはこの世にひとりしかいないあたしなんだ」

そう思うことができたんですよ。

それからは、ルックスに恵まれていないなら、せめて内面は魅力的な人になりたいと思うように。

表情や話し方、発声のしかたまで、色々と考えるようになったものです。でも所詮素人考えだから、今思うととんちんかんなこともだいぶやってましたが。

この本では、演劇のプロである筆者が実際にワークアウトとしてやっている方法や、「魅力」の考え方について述べられています。

鴻上氏のエッセイも好きなわたくしですが、やはり考え方がクリアな方は書くこともクリア。

非常にわかりやすいし、その考え方にも共感します。

別段人前で話すきっかけなどない、という人も、読んでみると「自分の魅力」と「価値」について考えるきっかけになると思います。

  カテゴリー:  



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

このページの先頭へ戻る