まみろうチャンネル
まみろうチャンネル > ビリーズブートキャンプ > 筋肉痛はなにゆえおこる?

筋肉痛はなにゆえおこる?

さて、ビリーズブートキャンプを始めた方は間違いなく苦しむであろう、苦しまないとしたらまじめに取り組んでないだろコラ!!・・・とゆーくらいのものである、筋肉痛。

わたくしも、最初の7日間は苦しんだわ~。ケツとももがね~、痛くってね~。
 
ビリーズブートキャンプに入隊していない方でも、筋肉痛の経験がないと言う方はいないと思うのね。

で、ここではその筋肉痛のメカニズムってどんなことなのかをまとめてみたいと思うのです。


いわゆる筋肉痛(=遅発性筋痛)の定義というのはどんなことかしら。調べてみますとですね、
 
「運動後数時間後から24時間ほど経過し、筋肉を動かしたときに自覚される痛み。運動後1~3日後に痛みがピークをむかえ、7日から10日以内には消失していく」
 
とされているのであります。

筋肉痛発生のメカニズムについては、実は現在でも未解決の点が多いのですって。現在のところ、筋線維とかの、筋肉を構成する結合組織が運動によって損傷、その後の炎症により痛みが生じているという考えが広く支持されているそうな。
 
また、筋肉痛には特徴があって、皮膚の痛みとかに比べて痛む場所がハッキリしないとか、関連痛と呼ばれる、直接動かしたわけじゃないところが痛むとか、痛みの大きさが、必ずしも筋損傷の大きさを反映しないっつうこととかがあるのよ。
 
さて40代にもなると気になるのが、そう、よく聞く俗説である、
 
「年をとったら、筋肉痛が2.3日遅れて出るようになってきた」
 
というヤツ。でもねぇ、なんとこの現象、実験した方がいるのだそうです!!
 
すごいね!!世の中、ホントに色んなことが実験・検証されているんだね!!
 
実験結果によると、加齢に伴い筋肉痛が遅れて発現するという事実は確認できなかったのだそうです。
 
いよーぉし、いいぞ(何が)!!
 
それより、興味深い結果として、同じ人でも筋肉の場所によって筋肉痛の出現する時期が違ったり、痛みのピークをむかえる時期がずれるということが報告されているのですって。ほほー。
 
つまり、筋肉痛の出方は単に年齢だけでなく、運動の種類や個々の筋肉の特性に影響を受けている、といえるってことね。
 
それにしても、運動後に必ず筋肉痛が生じるわけではないというのは、みなさん経験がおありかと思うのよ。
 
筋肉痛が生じるような運動の条件を挙げると、
 
・ 不慣れな運動を行ったとき
・ 通常よりも長く・激しい運動を行った場合
 
ってのが多いのではないかと。
 
じゃあ、筋肉痛にならないため、なっても軽く済ませるためにはどうしたらいいかっつうとですね、
 
1. いきなり激しい運動を行うな!!まずは軽めの運動からにしようぜ!!
 
急に激しい運動をするのは、とても大きな筋線維の断裂、いわゆる肉離れを引き起こすこともあるのよ。ビリーズブートキャンプでも、最初にストレッチをするよね。
 
軽い運動をして体を温めることで、筋肉の柔軟性を高めて筋肉の損傷リスクを軽減するってわけ。
 
 
2.日頃、適度な運動を習慣づけておこうぜ!!
 
運動に慣れておくことも、筋肉痛予防には有効よ。事実、ビリーズブートキャンプを始めて1ヶ月経った今のわたくし。DISC2のキツイ運動をしても、ほとんど筋肉痛には襲われないわ。
 
初めてのときはそりゃーあんた、
 
「もうこれ以上、動けませんけど?!」
 
と思ったけどね~。
 
一般に、痛みは生体の危険信号であるといわれているわ。体の異常を知らせ、痛みがあるところを安静に保つことを促す効果があると考えられているの。
 
でも、筋肉痛ってやつは、痛みが出るのは運動後なわけで、さらに、その痛みをこらえて運動していると痛みが軽くなったりもする。

それだけでなく、その後の筋肉の回復過程にも悪影響がない。じゃーなんで筋肉痛が存在するの??ってことになるんだけど、未だに多くが明らかにされていないのだそうです。
 
筋肉痛になるのが嫌で、運動を始めるのをためらってしまう方もおありかと思うけれども、健康で美しい日々のためにはですね、ぜひぜひ運動の習慣を!!とお奨めする次第でございます。

  カテゴリー:ビリーズブートキャンプ  


このページの先頭へ戻る