まみろうチャンネル
まみろうチャンネル > 映画・観劇 > 小西遼生Birthday LIVE2017に行ってきました

小西遼生Birthday LIVE2017に行ってきました

私の愛する小西遼生さんのお誕生日は2月20日。

昨年は行われなかったバースデーライブですが、今年2017年は行われました!うれしいぞ!

名古屋・大阪で合計3公演、基本的に公式FC「遼生類」のメンバー限定で行われました。

 

名古屋はブルーノート、大阪はビルボードライブでの開催。これまでより、ちょっと大きな規模になったように感じて嬉しくなっちゃったよ(母心

名古屋では2公演、大阪で1公演ありまして、内容はほぼ一緒。ほぼ、というのはトークがちょっと違ったりしたからね。

しかし基本的には、お歌をたくさん聴いてってね、って感じでした。開場からライブ開演まで1時間あり、私たちが予約したチケットには食事がついててね。

その1時間のあいだに食事をする、というシステムでしたが、食事中にまんまと遼生さんが登場し、会場内を練り歩くという趣向でした。

名古屋1部は「いらっしゃいませ!茶化しに来た♪」って元気に登場。ぶっかーばっさーとしたコートで、ラフなのかモードなのか ちょっと判断がつかない感じの服装でしたわ(笑)

 

姿を見たくて集中してる私らに

「ご飯食べてね。食べてるとこ見せて

と何気にハードル高い要求をw

客席を練り歩きつつ、1人ずつと目を合わせる長(おさ)(公式FC内での遼生さんの呼び名というか立場というか、そんなやつ)

おっきな身体でちまちま歩く姿が可愛い(笑)

長さまが歩き回っている間は、バンドメンバーの加藤景子さんによる、素敵なピアノ演奏も♪

歩きながらフランケンロス状態だとか話しつつ、またしても

「食べてるとこ見られるのって恥ずかしいよね・・・それを見に来てる。ふっふハハハ」

などとのたまう長さま(笑)

なに? なんか・・・えっちいよ??そういうサービス?? ←

名古屋オススメのお店を客席に尋ねたりしつつ、食べてね!って繰り返し言ってたw

 

そして景子さんのピアノに合わせて、1曲歌おうと言って「Alfie」を歌ってくれましたよん

名古屋2部は登場時かわいく「来ちゃった♡」つって、わたくしの脳内妄想列車を急発進させてくださった長さま

歌は2曲歌ってくれて「My Funny Valentine」と「Fever」。

全部好きな曲で狂喜するわたくし(嬉)

食事しろしろ言うくせに、Fever歌うときにフィンガースナップ要求して

「よっぽど食べれないね」

って自分で笑ってた(笑)

大阪は会場が広くて、回るのもちょっと大変そうだったな~、どこ歩ったかわかんなくなったとか言ってたし。

それでも1人ずつのお顔を見ようとしてくれたのが、本当に嬉しかったわ~。

 

大阪では3回目ってことで慣れたのか、食べ残しにツッコんだり、体をねじって見てる人に「見過ぎw」って笑ったりしてた

倒れそうーって言った方に

「倒れられても困るけど~」

とかね(笑)そしてあちこちで おめでとうとか大好きとか言われて照れる照れるw

可愛かった!

大阪でも2曲歌ってくれて、「Tea for Two」と みんなが喜ぶのを知ってるのか「Fever」

フィーヴァーね・・・うん・・・フィーヴァー・・・

超絶色っぽいのよね長さまのフィーヴァー・・・

だ い す き で す!!!(鼻息)

 

色っぽーく歌いながら客席にも歌えと、しかも

「吐息っぽく!」

ぁあんみたいなヤツ」

などと私たちにも色気を要求する長さま(笑)

ごめん、私たち あなたほど色っぽく出来ないw

でも「良かったです」って褒めて(?)くれたよ

そんなこんなでトーク的ふれあいコーナーが終わり、20分ほど後にライブ開始

名古屋1部ではバンドの方々が先に登場、長さまは後から出て来たけど、他の回は皆んなと一緒に出て来てた

オフホワイトのスーツに白シャツ、黒いペンシルタイ、黒いお靴とスタイリッシュで

前からね、知ってたけどね、まーーー

カッコいいーーーー!!(叫)

シャツは首まで止めてなくて、上の方ちょっと開いてて こなれた感じ

変な感想だけど「大人になったねぇ」って思った(笑)

 

さぁそして曲はパーカッションからスタート。パコーン!っていう乾いた音で一気に音の世界へ。

パーカッションの一丸聡子さん 私はお初でしたが 音が力強くてカッコいいし、美人でセクシーだしで、もうすっかりファンに。

すっごい素敵だったぁ!

1曲めは意外にも「TIC TAC」

え これ最初に歌っちゃうの?って思った。今までこれで盛り上がって終わるのが恒例だったから。

曲の途中、歌詞の ♪夢の中で~ に合わせ夢の中へ入っていくように フワンフワンと終わり

2曲めは「パンドラの箱」

これ、遼生さんが移籍前にやってくれた夏のライブで聴いた時は、久保田陽子さんがいなくてね。

今回、この曲に限らずだけど、陽子さんと吾郎さんのSEボイス&コーラスが加わって、ますます世界観広がってステキだった!

パーカッションも効いてたし、これまでとはまた違った風景が広がって見えて、本当に惹き込まれましたよ~

 

んで3曲めは「感じてきちゃう」

名古屋では長さまったら突然

「最近・・・感じてます?」

などと言いだしてですね、

「・・・今その声で感じたわい!!」

ってなったわ・・・

夫にはナイショよ(おい)

だってさぁーあの声でさー、あの作りものみたいな均整とれたスタイルで、白い細身のスーツ着て、うつ向いて前髪がかかった憂いのベールをまとった顔で

い う ん だ よ?

感じるでしょフツー!!(やめなさい)

大阪では客席にお子ちゃまがいたからか、「最近ドキドキしてますか?」に修正されてた(笑)

え、そんな ちょっとざんねんなんて おもってないわほんとうよ。

 

次、4曲めは「ヘイマスター」

こちらもあいかわらず色っぽい・・・でもなんとなく、これまで聴いたのよりも酔っ払い感が強かったかな。へべれけになる手前の、せつない酔っ払いだった。

聴くたびちょっとずつ違う情景が見えるのは凄いことだなぁって思う。

声の好調不調はあっても、作る世界観は破綻せず、いつも意外に思えるところへ連れてってもらえる。嬉しいです!

そこからの5曲めは「生きるもの達」

パーカッションの方がね、次々と効果音的に色んな楽器を操ってらして それも見たいし、Maruseさんが奏でるヴァイオリンも素敵な音色で操ってるとこ見たいし、もちろん長さまも見なきゃならないし!!

ああ目が8つくらい欲しい(切実)

生きるもの達は大嶋吾郎さんのギターが哭きで、どストライクにわたくし好みでした。

6曲めはこれまたわたくしが大好きな「飛び魚」

こちらはヴァイオリンとピアノがどハマりで涙ぐみつつ聴くわたくし

せっかく地方にいるのに なかなか美味しいもの食べられなかった、とか、怪しげな店に予約入れちゃって、心配したけど美味しかった、とかそんな話を挟みつつ

7曲めは「GREEN TUNNEL」

春の気配を感じてね、って話してた

 

そして春の後は初恋を思い出して、つって8曲め「恋のはじまり」

例の夏のライブで聴いた時はとにかく可愛くて、

「なんだよかわいいじゃねーかコンチクショォォォォ!!」(萌え散らかし)

でしたが、今回はそこまで可愛い可愛いしてなかった(笑)

この曲ノリノリですっごい楽しい!そして間奏中にバンドメンバーの見せ場的なのがあってね、よけい楽しかった~

んだけど、大阪ではその間奏中に突然演奏ストップして、遼生さんが固まったら

ハピバが流れて会場中で大合唱!!

嬉しかった!ハピバ歌いたかったから!!

ありがとう!つって運ばれてきたケーキのローソクを消したら、すぐに

「これ曲に戻るの?戻らないの??」

みたいなことを吾郎さんに言ってて、真面目か!!つってかなり笑ったw

そして歌詞の♪となりに君がいれば〜 のとこを、♪みんながいれば~って歌ってくれたよん

このサプライズによほど驚いたらしく、歌い終わってから囁くように

「いつのまに・・・すげーな・・・」

って言ってた(笑)

 

9曲め「アカルイミライ」

ピアノだけの伴奏から少しずつ音が加わっていくアレンジでね、これまた素敵だった

どの回だったか?忘れちゃったけど、ギター抱えて弾かないで歌ってた回があったな、そういえば。

遼生類という公式ファンクラブができたこと、仕事どんどん頑張るね、それが僕のお返しみたいな話や、母親の愛情って偉大だよね的な話をしてからの

10曲めLIVE(リブ)

この曲もSEボイス良かったなぁ~

遼生さんの♪いきること に遅れて陽子さんがつぶやくように ♪いきることってコーラスしてて、ほんっとにウットリしましたよん

それにしても、こうして書き出すと歌ってくれたんだなぁたくさん!

そりゃ時間伸びるわ(笑)

そう、名古屋の1部ではMCも多く、70分予定が90分以上?くらいに伸びたの。そのせいか、アンコールは無かったのよね。

11曲めは「バイバイ」

これも!だいすき!!いや、好きじゃない曲はなくて、みんな大好きなんだけど(笑)

ラスト12曲めは最初にも歌った「TIC TAC」を、いつものノリノリVer.で!

この曲も陽子さんのコーラスが入ってると、より一層好きなの私。

すっごい楽しかったなぁ!

大盛り上がりで終了後、時間の関係か すぐに吾郎さんと2人でアンコールに出てきてくれて、何を歌ってくれるのかなーと思ってたら!まさかの!牙狼1期のエンディングテーマ

「僕が愛を伝えてゆく」

えええええーーーー!!!

って思った!

私は牙狼から遼生さんにハマったクチですが、そして今でも牙狼シリーズ好きで観てますが、遼生さんの鋼牙にはまったく執着がないのね。

なんならもう演じてくれなくてもいいと思えるくらい。

だから特別思い入れはないんだけど、それでもこみ上げてくるものがあったわ~。

泣いてる方も少なからずいらしたし、ね。このアンコールは本当に本当に、特別だったと思います。

それにしてもこれの吾郎さんのギター、サイコーにカッコよかった~!また聴きたい!

 

そんなこんなでなんと13曲も!歌ってくれたのでした!トーク中のお歌も入れたら14・15曲だよ!

70分ライブって聞いてたから、7・8曲かなぁと思ってたのに、いっぱい歌ってくれて嬉しかった。ありがとう!

長さま大好き!!

って埼玉の片隅から、母親のような年代の女に こんな濃ゆい愛情を注がれてもビミョウでしょうが、大好きです。

商売上の因果と諦めて、深く受け止めてください(笑)

そんなこんなでライブは終了。泊まりで行ったお友だちと打ち上げたりして、楽しく過ごしてまいりました。

現実に戻るスイッチが見つからなくて大変w

もーーとにかく楽しかった!

 

遼生さんのライブはいっつもだけど、楽しくてせつなくて、ああ私の中にあったね、こういう感情。って再認識させてくれる。だから何度も行きたいの。

また そう遠くない時期に、ぜひともやって欲しいと思います♪

今回のライブには宿泊つきのプランがありまして、その特典はインタビューのDVDとハンドタオルでした。

来場記念的な、サイン入りのお写真もいただきました♪

※オトナの事情で画像は加工してあります

本当に毎回、私たちに楽しんでほしいという気持ちが込められてると感じて嬉しいです。忙しい中、いろいろ準備してくれてありがと。

大好きな遼生さんのライブに行けて、お誕生日も祝えて嬉しかったって話でした~!

  カテゴリー:映画・観劇  



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このページの先頭へ戻る