まみろうチャンネル
まみろうチャンネル > 映画・観劇 > 2015年11月初旬、舞台「攻殻機動隊ARISE」を観ました

2015年11月初旬、舞台「攻殻機動隊ARISE」を観ました

攻殻機動隊は1980年代に、ヤングマガジンに描かれた漫画です。

当時わたくしは20代前半でございまして、リアルタイムでは読んでなかったんですが、その後「アップルシード」経由で読むようになり、まーあなた。

ハマッたハマッた(笑)

本当に夢中で読んだわ~。

そう、わたくしはウザい原作ファンなのです。なので最初に「攻殻が舞台になる!」と聞いた時は鼻で笑ったのよね~実は。

あの世界観が生身の人間で表現できるわけないじゃんと。

しかし舞台でありながら3Dマッピングを利用する、などと聞いているうちに、これはやはり観ておかないといけないかしらと思うようになり、行ってきたというわけです。

 

 

世界観は映画の「ARISE」が元で、TVシリーズや押井守氏の映画とは全く別物。もちろん、原作とも。

私はARISEの世界観があまり好きではなかったんだけど、攻殻の名前がつくものは一通り観ているので、用語やらは分かるんだけど・・・

これ、原作知らない人が観たら、まず用語が分かんないよね~(笑)

電脳とか、義体化(に、対しての「生」の意味)とか、ゴーストラインまで入ってくるとか、枝が付くとか・・・この舞台で初めて聞いても分かるのかな?というのがまずちょっと思ったこと。

役者さんのファンで、世界観を全く知らない人も観に来てるでしょうから、そのへんどうなのかなーと。

 

ストーリーやら人物造形は色々思うところがありますけど、新しい試みとして、なかなか良かったと思う。全員が3Dメガネをかけなきゃならない舞台、というのも面白いよね。

しかも荒巻課長が開演前に指令っぽく、メガネをかけるのを促してくれるし。あれは楽しかった(笑)

空間に浮き上がるデータなどの3Dビジョンは、アニメの攻殻のイメージそのままだったし、実物では表現できない光学迷彩や、ロジコマが背景に溶け込んでる表現なんかは、なるほど、って感じで楽しみました。

残念だったのは、場面展開が忙しすぎて、時系列や人物関係が混乱したところ。

攻殻を見慣れてると、目を盗んで記憶を書き換えられた、ってことが分かるけど、それも過去と現在を行ったり来たりするんで、観てる方が置いてきぼりになった感じは否めませんでしたね~。

 

あとは、役者さんたちはもちろん頑張ってたんですが、素子の「人間ではない感じ」が、どうしても生身では表現できないよねーと実感しちゃったかな。

格闘のとんでもないスピード感とか、義体で闘うからインパクトに重さがある点とかは、華奢な役者さんではやはり無理があるよね。

個人的に素子の動きは、上へ上へ跳躍するのがキモだと思っているので、そこもちょっとな~って。

原作ファンでなければまた違った印象もあったんでしょうけど、用語や世界観などを知ってるのが前提、みたいな作りだったんで、そのへんが中途半端な印象でした。

 

しかし私はなんでこんなに攻殻好きなのかしら(笑)

なんかね、人が自分の存在を認識するためには、思いがけないほどたくさんの条件がいるでしょう。他人が自分を見たり、話しかけたり、自分の話に反応したり。自分の手が、意思通りに動くのを確認したり。

そういうのがないと、自分っているのかどうか分からない。なのに、自分が「自分である」と確信するためには、自分の意識だけでいい。

このアンビバレントが面白い、ということに、気付かせてくれたのが攻殻機動隊のお話だったのよね~。

身体の部品が全部作り物になろうと、脳が電子部品になろうと、自分の魂があると認識できる以上、自分は「ヒト」。

なんだかそんなことを考えてしまうから、好きなのかなって思ってます。

舞台も3Dマッピングは面白かったし、攻殻の世界と3Dは相性がとても良いと感じるので、次があればまた行ってみたいと思います。

  カテゴリー:映画・観劇  



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このページの先頭へ戻る