まみろうチャンネル
まみろうチャンネル > 映画・観劇 > スリル・ミー ファン感謝祭2014に行ってきました

スリル・ミー ファン感謝祭2014に行ってきました

またまた小西遼生さんの話で恐縮です。

「まみろうチャンネルは一体いつから小西ブログになったのか」

という問い合わせ(?)も一部(主に夫)から頂いておりますが、同時に

「中年オバちゃんの恋心がイタ気持ち良いのでもっと書け」

という声援も頂いておりますので、このまま我が道を突き進みたいと思う所存でございます。

さて、本日2014年2月23日は、ミュージカル「スリル・ミー」のファンイベントでございました。

「スリル・ミー」のあらすじは

 

**********
刑務所での囚人仮釈放審議委員会。

審議官に問われるまま、「私」は34年前に犯した自らの罪を語り始める。
「私」と「彼」は、なぜ子供を殺したのか。
飛び級で大学を卒業するほどの明晰な頭脳を持った二人に、いったい何が起きたのか。

物語は、34年前に静かに遡っていく――――。

19歳の「私」と「彼」は高等学校以来、久しぶりに再会した。
法律大学生で、頭脳明晰、幼なじみでもある彼ら。
ニーチェを崇拝し、自らを特別な人間だと語る「彼」は、『犯罪』を行うことでしか自分を満たすことができない。
「私」はそんな「彼」を愛するがゆえに、求められるままに犯罪に手を貸していく。

より深い束縛を求める二人は、互いの要求の全てに応えるという契約書をつくり、血でサインをする。
裏切りが許されない契約書のもと、二人の犯罪は次第にエスカレートしていき、子供を誘拐殺人することを思いつく・・・

**********

 

という感じなんですが、出演者は俳優2人とピアニストだけ、という一種異様なミュージカル。

演じる2人の俳優も、何通りかペアがあり、遼生さんもそのうちのおひとりなのです。

今年の公演は11月に決定しておりまして、3通りのペアで演じられるという。公演があることは発表されていましたが、どんな組み合わせで公演されるのかは、まだ未発表だったのね。

また、残りのおひとりだけ出演者が発表されておらず、それが誰なのかを発表するというイベントだったのです。

遼生さんファンのお友達と待ち合わせしておしゃべりしつつ、楽しくいってまいりました。

開催場所は、「スリル・ミー」が上演される銀河劇場。

お土産付きのチケットだったので、一体何をくれるのかしらと思っていたらマグカップでした(笑)

妙に実用的で、なんかおかしいぞ!

夕方6時の開演でしたが、客席は3階部分までびっしり。のみならず、立ち見のチケットまで完売という状態だったとか。

俳優さんたちそれぞれのファンももちろんですが、スリル・ミーという作品のファンがいかに多いかが感じられましたねー。

 

会場に流れていた、スリル・ミーのテーマ曲が一瞬大きくなったと思うと、サクッとステージにMCの方が現れ、イベントは開始しました。

簡単な挨拶の後、テーマソングに乗って発表済みのキャスト5人が登場。遼生さんは「彼」役の衣装とおぼしきサンドベージュのスリーピースで登場しました。

ファンには周知の事だけど、脚が!!長いー!!スーツ姿マジカッコいいんだけど!

遼生さんの他のキャストは、松下洸平さん、田代万里生さん、柿澤勇人さん、伊礼彼方さんが発表済み。それぞれ、「彼」「私」の衣装に身を包んでの登場です。

キャストの皆さんは、イベント前に組み合わせを聞いているとの発表があり、客席はサワサワ。

俳優さんお一人ずつに、スリル・ミーという作品に抱いている印象、お互いの交遊状況について聞いた後、内緒だったの6人目の発表が。

「6人目の方は・・・歌舞伎俳優の尾上松也さんです!」

と発表されると、客席から「おおおおお~!」とどよめきが!

尾上松也さんといえば、蜷川さん演出のロックミュージカル「ボクの四谷怪談」でお岩役をやった方、としか知りませんでしたが、何作かミュージカルに出演されてるんですね。

今回は、スリル・ ミーで「私」役か・・・と思って見ていたら、MCの方が

「ではココで、改めて配役を発表したいと思います。誰が何役かは、まだ分かりませんよ!

などと言い出したので、客席から戸惑った笑いが(笑)

え、だって皆、舞台衣装じゃん!誰が「私」で誰が「彼」か、一目瞭然だけど!?

役者さん達も、「いやいやいや、コレ、衣装でネタバレしてますよね?!」って言い出して、客席爆笑(笑 )

先に発表があったのは「私」役。

尾上松也さん、田代万里生さん、松下洸平さんが「私」役。残る柿澤勇人さん、伊礼彼方さんと小西遼生さんが「彼」役です。

そして組み合わせは、「彼」役の方が「私」役の方にハイタッチする形で発表を!ということでしたが、皆まっすぐペアのところへ行かず、思わせぶりに全員の前を行ったり来たり(笑)

結局発表されたペアは

尾上松也さん×柿澤勇人さん
田代万里生さん×伊礼彼方さん
松下洸平さん×小西遼生さん

でした。

 

その後、MCの方から

「実は事前にペアの2人でお食事してもらいまして、その様子をVTRでお見せします!」

と発表があり、それぞれのペアの食事のようすが映し出されました。

尾上・柿澤ペアは個室居酒屋、田代・伊礼ペアはどこかの事務所内だったのか?そんな感じの所で。そして松下・小西ペアはまさかの中華料理屋さん(笑)

芝居についてやお互いの印象について話し合ってる、んだけど、要は呑んでるから酔っ払いのおしゃべりになってておかしい(笑)田代・伊礼ペアは呑んでないから一番普通だったんだけど、伊礼さんのキャラのせいか濃い話になってました。

そして松下・小西ペアは予想通りの酔っ払い(笑)

遼生さんは声が良くて話がしっとりしてるので 聞き惚れちゃうんだけど、真っ赤な顔で目がトロンとしてて、

「お前ゼッタイ仕事モードじゃねーだろ!」

という雰囲気で可笑しかった(笑)

それぞれのペアが、初めての組み合わせで戸惑いを感じつつも

「絶対に良いものにしたい」

と思っているのが感じられました。だけど、美形の男が2人で「相手に期待している」ことを伝えようと一生懸命(しかも酔って)だから、口説きあってるみたいでおっかしい!

ファンイベントだから、皆が喜ぶであろう部分を抜粋して流してるんだろうけど、遼生さんだけでなく皆さんの 作品に対する思いもしっかり感じられて、良かったわー。

 

その後、公演に使うビジュアルの撮影が舞台上で行われました。プロカメラマンの方が撮影した写真が、舞台上のスクリーンに映し出されます。

それぞれのペアが舞台上でポーズを作り、表情を作り、雰囲気を作ります。プロってスゲー。

雰囲気作りに一役かおうと、他のキャストの方が歌を歌い出したんだけど、歌い出した曲が何故か「夜明けのスキャット」(笑)

「いやいや、そこはスリル・ミーの曲でしょ!」

MCの方がマジで突っ込んでました(笑)

しかしねー、横でどんなにアホな事言って騒いでても、しっかり世界観を作ってる。役者ってやっぱすごいなあ。

順番が最後だった松下・小西ペアは、身長差の関係で上げ底が運ばれてきて客席大笑い(笑)

しかし、撮った写真は最高にカッコ良くて、カメラマンの方の口からも「ああ、カッコイイです」って出てました !私は我を忘れて、

「その写真全部売ってくれませんか?!」

と叫んで舞台に駆け上がるところでしたわ!

 

撮影の後はちょっと質問。子供の頃の夢は何だった?という質問に、遼生さんは

「一級建築設計士」という子供らしくない答え(笑)

「そして、親が大学は出てね、という親だったので、大学に出る」

日本語おかしいよ!

「そして今は、書道がやりたいです。読めないくらいの達筆なやつ」

雨宮さんの影響ですかね?

次の質問は「彼がいるとして、初めてのクリスマスのプレゼントは何をあげますか?そして何て呼ばれたいですか?」という質問(笑)

遼生さんは、高性能の髭剃りを贈り、「りょうせ(はーと)」って呼ばれたいんだって(笑)

皆さん、何て呼ばれたい?って質問が1番キツかったみたいよ!

大笑いした後は、せっかくなのでと「スリル・ミー」から2曲。歌ってくれました!

しかも本公演では絶対に聴けない4人での合唱。今回初めてのお2人は稽古時間が無かったということで、舞台袖に引っ込んでいかれました。

さっきまでのきゃっきゃした雰囲気が嘘のような歌声で、客席もしっとり。当たり前なんだけど、皆スゴく!イイ声!

本公演が楽しみー早く観たいよー!

スリル・ミー2014年公演は、8月2日からチケットの一般発売が始まる予定だそうで、楽しみに待ちたいと思います!

 

※2014年公演は収録され、それぞれのペアごとにライブ盤CDが発売されました。Amazonで購入できますよん。

>>ミュージカル『スリル・ミー』ライヴ録音盤CDのページはコチラ

  カテゴリー:映画・観劇  



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このページの先頭へ戻る