まみろうチャンネル
まみろうチャンネル > グルメ・旅行 > 秋田へ行ってまいりました。その2

秋田へ行ってまいりました。その2

さてさて秋田旅行2日目の朝。秋田市の空はどん~よりと曇っており、湿度が高くて蒸し暑い。

「この天気は誰のせい?」「いやー心がけの悪い人がいるんだよねー」

「俺なの貴女なのどっちなの」「そこはそれ、週末になると一人で出かける人が悪いんじゃなーい?」

などと不毛な会話をしつつも、2日目のプランについて討論いたしました。

横手市まで行って焼きそばを食う、というのがそもそものプランでしたが、日本海も眺めたいよね、という話になり、男鹿へ行くことに。

 

レンタカーを借りて、灯台があるという「入道崎」まで行くことにしました。

ホテルを出た時は雨模様でしたが、しばらく走ると雲はすっかりどこかへ消え失せ、ぴっかぴかの晴天に。

「この天気は誰のおかげ?」

としつこく会話を引きずりつつ、ナビを頼って男鹿方面へ。途中で港の横を通って大きな船を見たり、日本海を眺めたりしながらの寄り道ドライブも楽しかったですわ!

日本海と太平洋ってどうして印象が違うんでしょうね・・・空の色と連動してるんだろうけど、なんだか鉛色を混ぜたような色というか、太平洋の色みたいに能天気な青じゃないって印象があります。

季節や気候にもよるんだろうけど、日本海の方がなんとなく考え事してるような色なのよね~。

 

灯台に向かう途中、道端に巨大なまはげが建っているのを発見。

すかさず なまはげポーズをとるわたくし

他にも、道の駅に寄って展望台に上がったり、コンビニでおにぎり買ったりしてのんびりと向かいました。途中、すんごい山道があったりしましたが、ナビのおかげで迷うことなく到着することができましたよん。

入道崎灯台はツートンカラー

そう高くない灯台なので、わたくしも登ってみることに。

眺望がすばらしい!

遠くにお山も。

きれいね~

若い頃には、景観の素晴らしさというものに全く興味がなく、むしろ人工的なものに美を感じたりしてましたけど、この歳になると

「自然という造形師にかなう者なし」

という気持ちになりますわ。

 

思いのほかお天気に恵まれ、嬉しくなって帰途につくわたくしたち。途中、来た道とは違う「なまはげライン」というものが見えたので、そちらを経由して帰ろうよ、ということになりました。

で、走っておりましたら、「なまはげ館」という看板と、丸い岩のようなオブジェが。

「なまはげ館だって!」

「ええーやだ、怖いよ!」

「大丈夫だ息子。パパママがついてる。つか、俺見たい」

というわけで、なまはげ館にも立ち寄ることにいたしました。

最近リニューアルされたそうで、建物はキレイで近代的でした。なまはげの由来、歴史、男鹿の海の衆の生活に 密接な関係を持つ工具などの展示があり、奥の方では短い映画のようなものも上映されていました。

映画も観たかったんだけど、息子がビビって泣きそうだったのでスルー(笑)

で、なまはげ館の一番奥のお部屋なんですけど・・・

なまはげが大勢でお出迎え(震)

飾ってあるものは、実際の行事で使われたものだそうです。神様だから、大事に手入れして保管してあるんだって。

 

なまはげって男鹿地方でのみ行われてきた神事だそうで、聞けばその地区ごとに大切に作るんだそうですね。持っている刃物も、人を切りつけるためのものではなく、囲炉裏に長く当たっていると出来る「なもみ」(低温やけどらしいです)を剥がすためのものだそう。

低温やけどができるほど長い時間、働かずに囲炉裏に当たっているような怠け者を懲らしめる、ってことなんでしょうかね~。なまはげ様は神様であって、決して化け物ではないんだそうな。

だからそもそもは角は無かったらしいんですけど、最近は角が大きいものが多くなりましたね、なんてことを、なまはげ館にいらした、学芸員らしき年配の方に説明していただきました。

神妙にお話を聞く夫

いやー期待以上に良かったです、なまはげ館。男鹿に行かれる際はぜひ立ち寄ることをお勧めしますわ。

なまはげ館の展示内容など、詳しいことは公式ページを見てね。
>>なまはげ館公式ページへ

ところでわたくし、男鹿市にいる間中「男鹿」が「男前」に見えてしょうがなかったんですけど、どっか壊れてんのかしら。

 

さてさて男前もとい、男鹿から秋田市内に戻り、ちょっと休憩して夕食に。

「今日はやっぱ、きりたんぽじゃね!?」

と盛り上がりつつ、きりたんぽ鍋のお店に行きましたとも。

もはや そもそもの目的だった「横手焼きそばを本場で食べる」というイベントはどこへやら、食事はほとんど秋田駅前で済んでしまったというね(笑)

で、きりたんぽ鍋なんですけど、こーれーが!

おつゆが濃くてウマい!きりたんぽをその場で作っているお店だったんですが、ふっかふかのきりたんぽがおつゆを吸って、えも言われずウマいのです!!

具材を生の状態からテーブルで煮たら暑かったと思うんですけど、ほとんど厨房で煮てきてくれたので、暑い季節でも平気でした。

テーブルではきりたんぽを もぎって入れ、セリを加えて煮立てて終了。その短い間に、男前のおにいさん(もしくは美肌のおねいさん)が「きりたんぽの由来 紙芝居」を読んでくださるサービスつき

全編、秋田弁です。何言ってるか正直、さっっっぱりわかりません(笑)でも楽しかった!

日本海のお刺身もいただいたよ

そしてここでも、〆は横手焼きそば(笑)

「横手に行ってねーじゃん!!」

とゆーツッコミが聞こえてきますけど、埼玉県民にとっては秋田駅前まで行けば十分、本場に行った気分ですわ!ほっほっほ!!

というわけで、いつもの通りテキトーな旅でしたが楽しめました。また行きたーい。今度はお祭りの時に行きたいな~

  カテゴリー:グルメ・旅行  



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このページの先頭へ戻る