まみろうチャンネル
まみろうチャンネル > 化粧品・ヘアケア > 宝島社のミスト美顔器がちょっと残念だった話

宝島社のミスト美顔器がちょっと残念だった話

宝島社 ミスト美顔器つい先日も、美顔器があれこれ欲しくて困るって話を書きました。これから乾燥する季節だし、日中持ち歩けるミスト美顔器はあった方がいいかもね。とぼんやり考えていたら、本屋で宝島社の「LEDつきミスト美顔器」を発見。本を買うついでに買ってしまったわたくしです。

でね、この美顔器がね、非常に惜しかったというか、ちょっぴりだけ残念だったんですよ。

書店やコンビニでよく見かけるようになった、宝島社のムック美容。以前、Y字のエステローラーを買った時はとても満足のいくものだったので、今回も買ってみようかなという気になったのね。

安いのよ
↓↓↓↓↓

普通の水滴とは違う、メイクを通り越して肌に届く大きさのミストで噴出されるというのが良いではありませんか。

ちょっと大きいですが、鏡として使う時にはナイスな大きさ。
↓↓↓↓↓
ミスト美顔器の大きさ

チャチい感じは否めませんが、試しに使ってみるには手軽。なんせ4千円しませんでしたからね。

箱の裏には使い方などの説明が
↓↓↓↓↓
宝島ミスト美顔器 箱裏の説明

単4電池を2本入れて使います
↓↓↓↓↓
ミスト美顔器 裏側のふたを外したところ

薄めて使う美容液も付属してました。ほんの一滴ずつ使うので、小さいボトルだけどすごく長持ちします。
↓↓↓↓↓
宝島美顔ミスト 美容液の説明書

美容液は、タンクに精製水・水道水などと一緒に入れて使いますよん
↓↓↓↓↓
美容液を入れるタンク部分

このタンクに水を入れるのはね、ちょっと面倒というかコツが要りました。タンク部分は引っ張ると取り外せるので、タンクを外して入れればいいのかもしれないけど、なんせ作りがチャチい。何度も取り外しすると壊してしまいそうで怖いのです。

で、あれこれやってみた結果、息子に薬を飲ませるのに使ったミニ計量カップが便利ということに。
↓↓↓↓↓

ミストはけっこうな勢いで出ます。うっかり目を開けてるとキケンよ(笑)

でも顔がしっとりするくらいで、「濡れた」って感じにはならない。その点はすごく良かったですね~。

以前、会社勤めをしていた時には、乾燥防止のためにアベンヌウォーターなどスプレー式の化粧水を使ってたんですが、あれって普通の水滴がぶしゅーと出てくるので、たっぷりめに使うと顔がびしょびしょになっちゃうんですよね。それでティッシュで押さえると、ファンデーションも落ちてしまってたんですが、ナノサイズの細かいミストだと、メイクを通り越すので崩れません。

外出時など、ささっと使うのに便利よ~。

LEDはまぁ、オマケというか気休め?程度だと思います。暗い所で顔に当ててみると結構届いているし、顔から10cmくらいのところで使うとぼんやりと温かく感じるので、全く効果がないとは言い切れません。って変な言い方。

安かったけど性能には問題なく、ひんやりしたミストを顔に当てるとリフレッシュもできていい感じ。飛行機内とか外出時のメイク直しの時などに喜んで使っていたんですが、困ったことに吹き出し口に汚れがつきやすいのです。

ミスト美顔器の吹き出し口の汚れ

美容液の成分なのか、水滴が残ることで何かが発生するのかわかりませんが、見た目には緑青(ろくしょう)みたいに見える、サビのようなものが出るんですね。

吹き出し口付近に銅は使われていないように見えるので、緑青ではないと思うんですけど、これなんなんでしょうね?

使った日は夜、タンクに残った水を捨て、吹き出し口が乾燥するように鏡をスライドさせておけばいいのかもしれません。でも、鏡をスライドさせることでスイッチが入るしくみになっているため、乾かすためには電池をいちいち抜かなきゃならない。

そんなのメンドクサイよー。

と、いうわけで手入れをいいかげんにやっていたら、吹き出し口付近がとても汚くなってしまいました(汗)

結局捨ててしまったんですけど、その点以外は大変気に入っていたので残念です。私の使い方が極端に悪かったのかしら。水分が吹き出す口が水分に弱いのは問題あるのでは?と思っちゃいますが、最初から気を付けて手入れしておけば良かったなーとも思います。

安かったからもう一度買ってもいいんですけど、やっぱりちょっと残念な思いをしたものって買いたくないですよね。しかしアイミーのように2万円近くするものは正直いらないので、やはり4千円くらいで買えるナノタイムでも買おうかと思います。

ミスト美顔器、思ってた以上に気持ち良かったので、宝島社さんのものはホント、残念でした。吹き出し口を改善してくれたら、また買うかもね~

  カテゴリー:化粧品・ヘアケア  



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このページの先頭へ戻る