まみろうチャンネル
まみろうチャンネル > 車・自転車 > ガリバーで中古車を買った話 その3

ガリバーで中古車を買った話 その3

ガリバー売買契約書さて長々と引っ張りましたがガリバーで中古車を買った話 最終話です。毎度話が長くて恐縮です(笑)

一度決めたスパシオが、納車キャンセルになってしまって大ショックのまみろう家とガリバーの営業担当さん。金曜日に車を決め、その日にお金を振り込むつもりだった夫を「まぁ1週間以内にっていうのなら、ぎりぎりでいいんじゃないのー何があるかわかんねーし」と言った私ってエライと思いません??え?そうでもない?

金曜日に車を決めて連絡が来たのが日曜日。選んだ車は九州地方から運ばれてくる予定だったため、輸送に時間がかかるであろうとのんびり構えていたので、営業さんから電話がきた時はアクシデントの予感がしましたわ。

納車キャンセルになってしまった理由は、最終チェックの段階でリアバンパーが交換されているのがわかったということでした。どんな理由で交換されたのかはわかりませんが、部品を交換してあるということは事故車認定ということで、売ってもらえないのです!

「えええー」

吟味した結果見つけた条件の良い車だったため、私たち夫婦はとってもがっかり。勧めてくれた営業さんも大恐縮なさってました。

しかしガリバー本部で売らないというものは仕方ない。また仕切り直しで、車を選びなおすことに。

それにしても、そんなことって良くあるもんなの?

「いやー、僕この仕事もう数年やってますが、初めてですね・・・」

そうかぁ。

事故車かどうかのチェックって、一回じゃないんですね。

「そうですね。3回、別々のところでチェックすることになってます」

ほほー。それはまた厳重なチェックですね~。

そういう場合、その車を買い取ってしまった担当者が一番叱られるんでしょうかね~。事故車でも買い取ることは買い取るみたいだけど、やっぱり買い取り価格が変わってくるでしょうからね。

「事故車・修復車は販売しません」と謳っている中古車屋さんは多いけど、たいがいは担当の人が一度チェックするだけ。見落としている場合もあるでしょうね。

酷いと事故車とわかっていてもとぼけて売るところもあるんでしょうし。

事故車の何がいけないかって、一度修復したところは元の強度より弱いってことなんですよね。メーカーが謳っている強度を信じて買ったのに、実際には一度修復していたため弱くなっていた、なんてことがあると困ります。

それでいうと、私たちが最初に選んだスパシオは部品をそっくり取り替えてあって、板金などで直したわけではないそうなので 問題ないっちゃなかったのかも知れないが。

それでも「事故車は売らない」という会社の信用を守るためには仕方ないことなのでありましょう。

などと下世話なことを話しつつ、別の車を選んで決めました。今度選んだ車はマツダのプレマシー。一度選んだスパシオと似た形式・形状で、7人乗ろうと思えば乗れるステーションワゴンというやつです。

そんなこんながあったため、最初にガリバーさんと話してから、納車されるまでまるひと月。待ってる間はとっても長く感じたけど、過ぎてしまえばあっという間ね。

さて最初に選んだ車がポシャッたのは残念でしたが、ガリバーで買った中古車が我が家にやってきました。

ダスキンさんで清掃してくれたのね~
↓↓↓↓↓
ダスキンで車内清掃済のシート

除菌・脱臭も済んでます
↓↓↓↓↓
除菌・脱臭終了のプレート ガリバー中古車とダスキン

いやーこれがねぇ、そう新しい車を買ったわけじゃないんだけど、もうできる限り磨いてキレイにしてくれたんだなぁという感じでしたね。タイヤの果てまでピカピカでしたよ。

このツヤツヤがいつまでもつか(笑)
↓↓↓↓↓

今のところ こまめに洗車してあげようと思ってますが、たぶん最初だけではないかと(小声)

さて今度の車ですが、以前のセダンタイプと違ってモノが載るのる!シートアレンジもあれこれできるので、うんと長いものなども載せられます。我が家では人が7人乗ることはまずないと思うんですけど、いざとなったら乗れるというのもなかなか心強いもの。

走行の調子もとってもいいし、大変満足しております。

実際に車を見て選びたい、という人には向きませんが、車に詳しくないんだけど安心して中古車を買いたいという方にはガリバーお勧めです。

ちょうど弟の家に届け物ができたので、それを理由に週末は長距離ドライブをしに行く予定。前の車より加速がいいので飛ばしてしまいそうですが、燃費は前の車の方が良かったのよね(笑)ほどよく楽しんできます!

  カテゴリー:車・自転車  



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このページの先頭へ戻る