まみろうチャンネル
まみろうチャンネル > コラム・日記 > リンクシェア 大見本市に行ってきました。

リンクシェア 大見本市に行ってきました。

2010/05/15、リンクシェアさんの商品展示会、「大見本市」に行ってきました。昨年は雨が降る中、一人で出かけていったんですが、今年は良い天気で助かりました。

今年は会場もグンと広く、たくさんの企業さまが参加されてらっしゃいましたよん。広く明るい会場で、たくさんの有名企業の担当者さんとお話できて楽しかったです。

本当にたくさんの商品を見て、驚いたり喜んだり感心したりしてきたんですが、今回は私個人がすぐにでも買いたいと思ったものを紹介します。

まずこれ。
↓↓↓↓↓
サイレントコインケース
サイレントコインスティックという名前の、小銭入れです。

120×15×42mmという細身なんですが、ご覧のように小銭がけっこう入ります。皮1枚で出来ているんですが、特徴は内側に2箇所つけられているホック。小銭が少ないときはホックを止めておき、増えたらホックを外してスペースを作るんですって。

小銭がキレイに並ぶからチャリチャリいわないし、硬貨の種類も見分けやすいし、何よりこれ、おしゃれじゃないですか!?

私もとっても気に入りましたが、私以上に夫が気に入ってました(笑)スーツ姿の男性がかさばる小銭入れを持ってるのはスマートじゃないし、こういう小銭入れをプレゼントされたら嬉しいですよね!値段も3465円と手ごろ。ひとつ、買ってあげるとしましょうかね。

で、次。

スガキヤ スプーン

ご存知、スガキヤ ラーメンフォークです。

「何?」という方もおられるかと思いますが、ラーメンチェーン店Sugakiya(”スガキヤ” だったり “すがきや” だったりするようです)で使われている、独自の形のフォーク。

先のフォーク部分で麺を食べ、中ほどのスプーン部分でスープを飲むという、非常に合理的な一品です。

こういう風にディスプレイしてあると、おしゃれに見えますね~
↓↓↓↓↓
スガキヤ スプーン

そしてそして、今日にでも買いたいと思っているのが石鹸。Cassina ixc. Design store(カッシーナ・イクスシーデザインストア)で販売されている、ベルギー製の石鹸です。
↓↓↓↓↓

ベルギーの老舗石鹸メーカー「サボネリーズ・ブリュッセル」の石鹸で、写真は死海の泥を原料とした「デッドシー・マッド」。他にもアプリコットやリッチシアというシリーズがあります。この石鹸、とにかくカワイイ。そして大きい!手のひらにやっと乗る、という大きさで、日本製の石鹸よりも目の細かい感じです。

お値段は1680円。石鹸自体もパッケージもすごく可愛くておしゃれなので、プレゼントにするのも良さそうな感じでした。

上のやつは普通に身体を洗う石鹸なんですが、他にこんな石鹸も。
↓↓↓↓↓
サボンパフュメ

香りを楽しむための石鹸で、「サボンパフュメ」というそうです。写真のものはバラの花びらなどが配合されているんですって。ヨーロッパ基準2.5%香料ってことなので、泡立ててるときからかなり香り高いと推測されますぞ~

ああ、使ってみたい!! ← 石鹸大好き

こちらは2100円。パッケージも丸くて昔の白粉みたいな感じです。これもプレゼントにいいですね~
↓↓↓↓↓
サボンパフュメパッケージ

私は自分にプレゼントしますけど。 ってそればっかりや・・・

このほかにも本当に色んな製品を見せてもらったり、色んなお話を聞けたりして楽しかったです。全部紹介しているとものすごい文章量になってしまうので、おいおいね。

2時間弱ほど会場を回り、有楽町駅前の「SCORPIONE STAZIONE(スコルピオーネ スタチオーネ)」でお茶を飲んで帰ろうということに。

「SCORPIONE STAZIONE」ではケーキとコーヒーをいただいてきましたよん。

夫が食べたゴルゴンゾーラとくるみのケーキ。もの凄く濃厚で、ウマし!
↓↓↓↓↓
ゴルゴンゾーラケーキ

私は抹茶シフォンケーキをいただきました。これも美味しかったですよぉ~
↓↓↓↓↓
抹茶シフォンケーキ

ゆっくりお茶を飲みながら、見てきた商品のことなど夫と話し、楽しく過ごして帰ってきました。展示会は何度も出かけさせてもらってますが、リンクシェアさんの展示会は大手のメーカーさんがたくさんいらしていることもあって、特に楽しいですね。

そうそう、展示会帰り、お茶を飲みに向かったお店の前で「特ダネ!」の取材の方に声をかけられ、夫婦で「ポイントカード」についてのコメントをしたんですよ。

使われるかどうかわかりませんが、もしご覧になった方がいらしたら教えてくださいませ。って自分で見ろつーの(笑)

  カテゴリー:コラム・日記  



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このページの先頭へ戻る