まみろうチャンネル
まみろうチャンネル > インタビュー > レーシックの体験談を知人に聞きました その4

レーシックの体験談を知人に聞きました その4

レーシックの体験談を知人に聞いた続きなんですが、なんだか忘れてまして(汗)前回の記事のアップは4月末で、もう覚えておいでの方も少ないかとは思いますが、せっかくなのですべて紹介したいと思います。

しかし しみじみ思いますけど、目と歯は財産ですよねぇ。昔と比べたら、目も歯も色んな治療法がありますが、治療の必要がないのが一番いいですよね。

********************

夫:手続き・検査・オペ当日まで、時間があくじゃない?その間に注意することあるの?さっきのコンタクトは何日か外しておくとかあったでしょ。

O氏:やっぱり3日くらい前からね、消毒用の目薬みたいなのを、1日3回くらい?点眼しなくちゃいけないんだよね。こういう感じのをもらうんだけど、確か3日前から当日の朝までかな。打つの。それは消毒のためだよね。手術前に目をキレイにしておくように、みたいな。それぐらいかな。やんなきゃいけないのは。

夫:じゃあ特別、手術の1週間前とか10日前とかにならないと、やることってないんだね。

O氏:そうだね。コンタクトの人は、検査後から手術当日までコンタクトできないのかな。俺はメガネだったから細かい話は忘れちゃったけど、確かそんなんだった。

夫:手術当日になるじゃん。病院に入って待たされるだけ?当日なんかあるの?

O氏:当日はね、もう一回検査する。

夫:あ、そうなんだ。

O氏:事前の検査と全く同じではないけど、結構重複していて、数値的なものって変わってる可能性があるから。

夫:じゃまた、あれやるの?瞳孔開くっていう・・・

O氏:あ、それはやんなかった。それ以外の検査とかをやって、細かいリスク説明みたいなのはもう無かったけど、手術の同意書にサインはしたな。多分、レーシックに限らず手術前は必ず書くよね。「リスクを承知してます」みたいな。そういうのにサインして、お金を払って、それから手術に入る。かな。
 で、持ち物は特に必要なかった。

夫:あ、じゃサインはするけど判子は要らないんだ。

O氏:判子は確か、無かったと思う。

夫:手術の話とちょっと離れるんだけど、お金払うわけじゃない。レーシックって、生命保険の医療給付とかあったりする?

O氏:それはね、生命保険の種類によるんだけど、レーシックも対象になるのと、ならないのがあって。俺は個人的な事情から調べなかったのね。保険の対象になるかどうか分からないから調べなきゃならないんだけど、調べるためには保険の手続きをしてる親に聞かなきゃいけなくて(笑)

夫:あー(笑)

O氏:俺は話してなかったから、親に。絶対反対されると思って。だからそれは調べなくて諦めた。ちょっともったいないなって思ったんだけど。わりとね、昔に生命保険に入った人は、当時レーシックってまだなかったから、対象になってることが多いみたいなんだけど、最近はレーシックやる人が増えたから、レーシックの場合は給付受けられないっていう保険が増えてるらしいのね。だから最近保険に入った人は、ほとんどダメだと思うよ。

夫:じゃ、逆にレーシックの認知度が高くないときに保険に入ってた人は給付が受けられるかもしれないと。

O氏:うん、受けられたと思う。これはね、自分が入ってる保険会社の人に聞いたほうがいいと思う。もう普通に、「レーシック対象になりますか?」って聞けば。その説明もね、神奈川アイクリニックでは説明の中にあった。

夫:あ、そうなんだ。

O氏:うん。保険の種類によってはなることもあるから、調べたほうがいいですよって感じで。

夫:けっこう親切なんだ。

O氏:うん。

夫:医療費控除の対象にはならないよね。

O氏:俺、医療費控除のしくみってよく分からないんだけど、これっていわゆる「自由診療」でしょ。だから多分、ならない。手術受けるのに、保険証とかいらないから。美容整形とかと、扱いは一緒だよね。多分、高額診療対象とかにならない。

夫:オペの時って着替えるの?

O氏:あのね、服自体は着替えないけど、上からなんか着る。ラクそうな・・・ポンチョみたいなの。

夫:頭は?なんか被るの?

O氏:被ったかな??確か、なんか被ったと思う。

夫:見た目はステキじゃない感じになるわけだね。

O氏:そうだね。着替えたりする必要はなくって、ただね、手術が終わって家に帰ってから、服を脱いだり着たりがあるじゃない。だから、なるべく上から被る服はやめてくれって言われた。目に当たる可能性があるから、なるべくボタンでこう、脱げる服を着てきてくれっていうようなことは言われたね。

夫:目に当たるのを避けるのは、当日だけでいいのかな。次の日とかも?

O氏:えっとね、オペの日はたしか、フロ入れないから。次の日もだったかな?何しろ当日は絶対だめ。俺は、余裕を持って3日ぐらい入らなかったけど(笑)

夫:怖いもんね。

O氏:怖いもん。どうせ会社休みだし。俺はね、木・金と休みを取って、木曜日に手術を受けて、金土日と休んで4日目から会社に行ったから。月曜の朝くらいまでお風呂に入らなかったね(笑)

夫:そっか(笑)女性の場合はけっこうキツいかもね~

O氏:キツイね~。だからそういうのも考えて休みはとった方がいいと思うね。

夫:手術の時って、麻酔すると思うんだけど。

O氏:麻酔はね、目薬。

夫:目薬なんだ。

O氏:目薬型の麻酔なの。

夫:そうだよね。目に注射するわけないもんね(笑)

O氏:そうそう。

夫:目薬型の麻酔って、すぐ効いてくるの?

O氏:早いと思うよ。目薬さしてから、10分くらいで手術に入ったけど、もう全然痛みはない。

夫:見えてるの?

O氏:見えてる見えてる。

夫:うぉ~。・・・手術中って、周りに人がいるの?先生ひとりだけ?

O氏:いや、アシスタント的な人が何人かいたと思う。

夫:4,5人いたの?

O氏:何人いたのかはっきりとは覚えてないけど、少なくとも3人はいたね。

夫:オペをする先生と、看護師さんが何人かいるっていう。

O氏:そうだね。

夫:オペって個室なの?それとも椅子みたいなのが並んでるのかな。美容室みたいに。

O氏:個室。俺が受けたやつは・・・これね、多分種類によってやり方が違うんだけど、部屋がふたつあって、まずひとつめの部屋に入って。エグイ話なんだけど、こう穴のあいた布みたいなのを顔にかぶせられて、目のとこだけ開いてんのね。角膜をまくるっていう。(絵を描きながら)こういう感じで、角膜があるじゃない。で、この辺をこう切って、この部分をぺろんってめくるのね、上に。

夫:めくる(怖)

O氏:うん。で、その後ね、多分こっち側を削るんだと思うけど。よくわかんないけど。このめくる作業がねー、これがね、一番キツいっていうかね、麻酔が効いてるから特に痛くはないんだけども、目をぎゅーって吸い出されるような感覚があるのよ。

夫:うわ~

O氏:んで、そのめくるって作業は数分で終わる。で、その後で部屋を移動するのね。角膜をめくった状態のまんま

夫:移動するんだ!

O氏:そう(笑)視界がぼんやりしてるの。全く見えないわけじゃないけど、ぼーんやりしてる。もちろん両肩だったか片方だったか、看護師の人に支えてもらって、ゆっくり歩いて隣の部屋に移動して。で、また手術台みたいなのに寝るのね。で、どっちも部屋は個室で。これは、皆そうなのか、たまたま俺の時だけ順番でそうだったのかはわからないけど、ちょっと待たされて(笑)

夫:うーん。

O氏:タイムを計ってたわけじゃないからあれだけど、そういうときって時間が長く感じるじゃない。俺の感覚としては5分くらい待たされてた感じがしたよ。

夫:めくられたまんま。

O氏:めくられたまんま。で、次の部屋で削る作業をやるんだけど、やる人がみんな心配するのは痛いのかどうかっていうのと、やってるときのことを気にするもんだけど、これは意外なほどなんともなくて。
赤い・・・確か赤だったと思うけど、光みたいなのをなんか眩しくあたってるだけ。別に痛くもなんともないし、削られてるって感覚も一切ないの。ただし、まばたきは押さえつけられててできなくなってるのね。
あと、目を動かすなって。常に1点だけを見てて、目を動かすなって言われるのね。で、その状態で赤いのが光って眩しいなって。それがもう、削ってる作業なんだよね。それを両方やるっていう。

夫:レーザーみたいなので削ってるんだね。

O氏:レーザーなんだね。物理的な、カンナとかじゃなくてレーザー。レーザーもきっと、手術の種類によっても違うんだろね。

夫:通常のレーシックとイントラレーシックで違う。

O氏:通常のレーシックとイントラレーシックで、使ってるレーザーみたいなのが違うんだよね。精度が違うみたい。種類ごとにホームページに説明が載ってるから、調べたほうがいいよね。
 時間的にはね、実際に作業・・・作業って(笑)やってる時間は2つの部屋での両方合わせても、10分くらい。もろもろ準備とか、布被ったりとか、目薬差して待ったりとか色々あわせても、多分30分とかで終わったと思う。意外なほどね、一番怖いところはね、想像してたほど大したことない。怖くないし痛くもないし。吸い出される時の圧迫感っていうかが、ヤだった。痛くはないけど。

夫:時間はもう、30分くらいで。

O氏:30分くらいだね。事前の検査とか、終わった後もちょっと検査がちょっと。消毒用の目薬とかさすし、そういうもろもろ全部入れて、病院についてから帰るまでが、多分2時間くらい。

夫:手術終わるじゃない。当然麻酔効いてるよね。視力に影響ってあるの?

O氏:あるある。終わって外に出た段階で、メガネなしで歩いたりできるくらいになってた。

夫:じゃ、もう見えた!って感じ。

O氏:終わってから視力検査みたいなことはしないんだけど、俺の場合はもう、裸眼じゃ外歩けなかったのよ。ほとんど何も見えないから。でも帰るのに全然支障はないくらいだった。
夫:今まで0.05だったのが、0.5になった!みたいな。

O氏:ぐらいは、いってたと思うね。多分。ただね、これは人によって違うらしいね。すぐ上がらない人もいるし、人によって違うから。あくまりでも俺はそのくらいの感じだった、ってことで。ここから先はもう、個人差が大きいと思う。すごく。

********************
意外なことに手術中は全く痛くもなんともないんですね~。不快な感覚はあるようですが。個人差はあれど、術後すぐに視力があがるとは!ん~やっぱすごいね、レーシックって。

夫の友人が手術を受けた「神奈川クリニック」は、2010年5月6日より神戸クリニックを運営している 医療法人社団稜歩会に事業譲渡されたそうです。そのためなのかどうか、イントラレーシックの価格もさらに安くなってますね。

レーシックを受けるならチャンスかも?詳しくはコチラで見てね。

次回で体験談インタビューはおしまい。に、なると思います。話してるとあっという間だけど、文章にすると意外とあるものね(笑)

関連記事
>>レーシックって失敗がないものなのか、知人に聞きました
>>レーシックの体験談を知人に聞きました その2
>>レーシックの体験談を知人に聞きました その3

  カテゴリー:インタビュー  


2 Comments »

  • えっ。フラップ作ってそのまま移動???
    いやだー。それはコワイ(笑)
    私の時は、片目ずつ、フラップ作ってそのままレーザー照射でしたよ。
    色々あるんですね。。。
    でも、これマジでお勧めですよ。
    まみろうさんも、是非♪

  • >ぷこさん、いらっしゃいませ。
    そうだよねぇ、やっぱそれはコワイよね?!やってる方は慣れっこなんでしょうけどもね(笑)
    私も受けたいと思ってます。老眼鏡はどっちにしろ、かけなきゃなんないみたいだけど。もっと早く考えるんだったよマジで。
    コメントありがとうございます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このページの先頭へ戻る