まみろうチャンネル
まみろうチャンネル > > 長い長い殺人 財布が語る人の心

長い長い殺人 財布が語る人の心

もう10年前の作品になるんですねぇ、これ。

「物」が登場人物の内面を語るというのは、短編では何作かあったものの、長編小説となると当時、前代未聞だったのではないかしら。

比較的最近に、平山夢明氏がやはり短編で「地図が持ち主親子の殺人癖を語る」というがありましたけど、他に思いつくものといえば半村良氏の「ボール箱」くらい??
 
とにかく宮部氏の作品、ストーリーの面白さもさることながら、その構成と語り口に1作ごとに驚かされます。

少しずつ、少しずつ明らかになっていく事件の謎と、これまた少しずつ明らかになっていく人物の描写。

話を広げてひろげて、最後の最期にまるで手品のようにお話を畳み込むこのワザが、物語に没頭したいわたくしのようなタイプにはたまらないのです。

ところでこれ、10年も前の作品ですけど、WOWWOWでドラマ化され、大好評だったため劇場公開するんだとか。映画でも語り部は財布なんですかね。

観てみたいなー。

  カテゴリー:  



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このページの先頭へ戻る