まみろうチャンネル
まみろうチャンネル > > イノセント・ブローカー 絵柄と話のギャップがたまりません

イノセント・ブローカー 絵柄と話のギャップがたまりません

雑誌を買わなくなってから、結構時間が経ちました。

以前は週刊・隔週刊・月刊誌と、色々買いすぎていて、月2万円も雑誌代を使っていたことがあったんですが、あまりにも無駄だろうということで自粛。そしたら今度は何も買わなくなったという。

極端だよな。

さて、そんなわたくしが読んだことのない作家の本を買うときは、圧倒的に「ジャケット買い」が多いのですが、そんな中でのヒットがこれ。

ビッグコミックスピリッツで連載しているようですが、絵柄がまさに「ビッグコミック風」(笑)

強烈に惹かれたのは、文字ばっかりの装丁。右下に主人公らしき男性がぽつんと描かれています。

この男性、非常にのほほんとしたいいひとに見えるのですが、帯にはゴシック体で

「闇のブローカー」
「裏切り者には地獄を」
「あなたは人を、自分を絶対に信じられますか?」

というハードな文章がずらり。表紙は青で、帯は赤。またこの帯が、全体の3/4を占めているという特殊さ。

どうして、手に取らず通り過ぎることができましょうか。

ちなみに、この巨大帯をめくると、ちょっとしたギミックがあります。

ぜひ、中身を一度読んでから、めくってみてください(笑)

内容は、元小学校教師だった主人公が、ある事件をきっかけに人間不信に陥り、立ち直ろうとして闇のブローカーに。

彼の元を訪れる、色々なものを「売りたい」人々と、「買い取る」裏家業の人々の思惑と裏切り。

お金ほしさに、良心も分別もかなぐり捨てる人々には、現代社会の抱える問題が見え隠れしていますが、基本的には誰も死んだりしないし、「自業自得」の結末。

主人公、藤井くんの復讐ぶりは、底意地が悪く非常に怖い。

独特の絵柄がまた、藤井くんの孤独と苦しみを感じさせてそれまた不気味です。

面白かった!

しかし、あとがき漫画を読むまで、著者が原作も作画も女性だとは思いませんでした。

この絵柄・・・女性が描いてるんだ・・・。

  カテゴリー:  



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このページの先頭へ戻る