まみろうチャンネル
まみろうチャンネル > > AKIRA 今読んでもこれを超える作品てない

AKIRA 今読んでもこれを超える作品てない

大友克洋を知らなくても、「AKIRA」という作品を聞いたこともないという方はいないでしょう。

日清カップヌードルのコマーシャルとコラボしている「FREEDOM」のキャラクターは金田くんそっくり、というのは言うまでもないことではありますが、あのコマーシャルをみるたびに

「『AKIRA』読みてぇ!!!」

と思うのですわ、わたくし。

大友氏の作品の中で、わたくしが最初に手にとったのは「童夢」でした。

それはもう、ものすごいショックを受けましたよ。

「なんじゃこれは!平面に一色で描いたものなのに、どうしてこんなに”広大な空間”と”流れる時間”を感じるの!!??」

文字通り、倒れそうになりました。

その後出版されている作品は全部読みあさり、どっぷりとその大友ワールドに浸かったわたくし。

ものすごい数の「大友克洋に影響を受けた作家たち」も出現しましたね。

でも大友氏を超える「空間を表現する作家」は出ていないと思ってしまうのです。

びっしりと描き込まれた背景や小物、服のシワや汚れ、人物の頬が張っているのかたるんでいるのかも描写されている絵。

隙間なくびっしりと描かれているはずなのに、確かにそこには「酸素」があり、「空間」があり、風が吹いているのです。

今読んでも全然古くない。

漫画が嫌いという人にも、読んで欲しい作品です。

ちなみに登場人物の中で、わたくしが一番好きなのは

「千代子おばさん」。

割烹着につっかけ履きでバズーカ砲。鍛え上げた肉体もさることながら、心が揺れるケイに

「あれはただの酔っ払いだよ!」

と喝を入れるところも。

このへん、詳しくは本編をお読みください。しびれます。

  カテゴリー:  


2 Comments »

  • ずいぶん昔の記事に対するコメントで、驚かしてしまったかもしれませんね。

    自分も、「AKIRA」の登場人物の中では、「千代子おばさん」が一番好きです。私が想像する「女性兵士、女性闘士」とは、千代子オバサンのようなイメージです。リボンの騎士や、オスカルは偽物です。説得力がなさすぎる。その点、千代子オバサンなら筋肉の量にも不足はありません。シュワちゃんにも勝てるのではないかと思われます。たった一人でも、傷ついていても、黙々と敵に向かっていく千代子オバサンは、無類にカッコいいです。

    60歳を過ぎた、オオオバサン からの投稿です。失礼しました。

  • >>南平堂さん、はじめまして。

    ありがとうございます、コメントいただいて嬉しいです。
    強い女性は好きで、色んな人がヒロイックな女性を描かれてますが、千代子オバサンはリアリティありますよね~!

    コメントありがとうございます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このページの先頭へ戻る